seri1.jpg unmei6.jpg 芹沢光治良文学愛好会

2018年08月02日

夏休みイベント 芹沢光治良文学館

皆様へ

 

平素より当館をご愛顧いただき厚く御礼申し上げます。

当館では、企画展「光治良と沼津展」を1031まで開催中です。

これに伴い、下記のとおり、夏休みイベントとしてこの企画展の展示説明会を開催します。

お子様の夏休みの自由研究や課題等にぜひともご利用ください。

郷土の作家、芹沢光治良(せりざわこうじろう)を身近に感じていただくよい機会となりますので、

多くの皆様のご来館をお待ち申し上げます。

 

名 称

夏休み連動企画 「光治良と沼津展」展示説明会

日 時

平成3088()

110013301500開始、各回30分程度

場 所

沼津市芹沢光治良記念館1階展示室

参加費

無料(ただし入館料として別途高校生以上100円 小人50円が必要です。)

※広報ぬまづ71日号掲載の市民無料券を利用すると1枚につき4名まで入館料が無料になります。

※市内小中学校に通う児童、生徒は入館料無料です。

予 約

不要、当日時間前に直接現地へお越しください。

対 象

どなたでも参加できます。

 

また、ご参考までに、別添のとおり展示説明会、企画展について、去る721日の沼津朝日新聞、25日の朝日新聞紙面にて掲載がされましたので、併せてご送付申し上げます。

 

※企画展の詳細につきましては、下記の当館ホームページも併せてご参照ください。

http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/shisetsu/serizawa/index.htm

 

今後とも変わらぬご支援ご協力をいただきますようお願い申し上げます。


posted by セリブン at 09:27| Comment(0) | イベント

2018年07月16日

芹沢文学愛読者短信 第215号 2018年7月5日

山本正夫様(岡山市)逝去
 3月2日  享年87歳
 お知らせするのが大変遅くなりましたが岡山市の山本正夫様が、3月2日にご病気で他界されました。享年87歳でした。
 芹沢文学の熱心な読者であり、大先輩でもありました。
 仕事を退職された後、山本先生は自費出版された本を抱えて、名古屋の読書会に気軽に出席してくださり、本をプレゼントされ講演をもしてくださいました。
 芹沢先生の著書『人間の幸福』の中には、芹沢先生と山本先生お二人の出会いから、その後のことが「Yさん」として紹介されています。
 告別式は家族葬で行われました。
 その後、鈴木春雄様がご遺族のかたと連絡をとってくださり、6月22日に岡山へ出かけ、お墓参りをしてまいりました。
 山本先生のご息女真理子様の案内を受け、鈴木春雄夫妻、平石政行夫妻、安井正二夫妻で墓前にお花を手向け、ご冥福をお祈りしてまいりました。

沼津市芹沢光治良記念館
企画展 『光治良と沼津展』 6月15日から10月31日
 代表作『人間の運命』を中心に、舞台として描かれる故郷・沼津を当時の写真や関連した書簡などの資料を通して紹介されています。

芹沢光治良著 『愛と知と悲しみと』
 
 中国語版が出版されました。
中国語版での題名は『人間的命運ー致巴金』です。中国語に翻訳されたのは、加藤嘉一様
 (中国シンクタンク研究員)。
 岡玲子先生は、芹沢先生のこの作品が中国語訳され、中国の方々に読んでいただきたい願い、ご尽力されてきました。
  六月三日、東京都渋谷区恵比寿の日仏会館で開かれた『愛と知と悲しみと』の中国語
出版記念シンポジュウムの席上で、岡先生は出版の喜びと深い感謝の気持ちを、心をこめ
て述べられました。
 芹沢光治良先生は、『こころの広場』の本の中で、『愛と知と悲しみと』について次のように書いています。
  「『愛と知と悲しみと』は昭和三十六年の秋に書き下ろした作品です。中国の大作家、巴金先生に話しかけるようにした作品です。
 
 これは、序章のようにして、読んでもらえばわかるけれど、実は、この作品を書きはじ
めた時には、すでに『人間の運命』の第一巻の草稿を二回書き改めて、三回目の原稿にか
かっていたのです。
 しかし、巴金先生との約束を生きて果たすために、『人間の運命』の筆をおいて、この
作品にかかったが、案外すらすら筆が運んだので、そのおかげで、直ちに『人間の運命』
の建築に取り掛かる元気が出ました。
 この作品は、私の最も好きな作品の一つです」。
        『こころの広場』 一六一頁。
芹沢文学についての、新刊書紹介
 
 鈴木吉維 著
『芹沢光治良 救済の文学』
 発行所 (株)おうふう
 芹沢光治良文学愛好会会員で芹沢文学の研究者鈴木吉維様が『芹沢光治良 救済の文学』を出版されました。
 鈴木先生は、本書の「あとがき」で、次のように語られています。
  「私は公立高校の国語の教師をしていて、毎年数多くの生徒たちに出会う。学校では青春を謳歌しているようにみえる子どもたちも、人間関係に悩み、家庭や経済問題に苦し
む困難な状況のなかを生きている。
 私の仕事は生徒に心を寄せ、深く真剣に考える学習態度と、社会に出ても柔軟に対応できるしなやかさを涵養することにある」。
 「そして、人間の善意を信じて勇気と希望を抱いて生きていくこと、すなわち芹沢文学
精神を伝えていくことが、私の役割だと考えている。難しいことではあるが、私にとって
これが教育の本質である」。
 本のタイトルを『芹沢光治良 救済の文学』としたことについては、次のようにしるされています。
 「作者(芹沢光治良)は常にわが子に語りかけるような気持で執筆し、読者に寄り添い、
勇気づけてきた人である。その作品を愛読する多くの読者が救われたという思いを抱き、
全国に読書会が組織され、今なを読み継がれていることがそれを証明している」。
芹沢文学合同読書会(東京、芝川、名古屋)開催
    9月23(日)、24日(月、祝)
、東京の芹沢文学愛好会、富士宮市の芝川読書会、名古屋の芹沢文学読書会、三つの読書会が名古屋に集まって合同読書会を行います。
 内容、申し込みなどは、同封の案内をごらんください。
参加希望者は同封のハガキで8月15日までにお申し込みください。
posted by セリブン at 09:29| Comment(0) | 芹沢文学愛読者の会 名古屋

2018年07月14日

第492回 芹沢光治良文学愛好会 ご案内 7月22日(日)

7月だより お元気ですか−梅雨が明けたと思いましたら、前線と台風に より、大雨が続いております。6月の会報で、7月の例会日を 間違ってしまいました。大変失礼しました。正しくは下記のとお りです。今月の会報は、名古屋フェスティバルの案内や芹沢 光治良記念館の「光治良と沼津展」等を考慮し封書としました。
第492回 芹沢光治良文学愛好会 ご案内
□ 日 時・・・7月22日(日) 13:00〜17:00 参加費: 500円
□ 会 場・・・三鷹市市民協働センター 第2会議室(2F) 東京都三鷹市下連雀4-17-23 TEL:0422-46-0048 
アクセス・・・中央線三鷹駅下車 南口から徒歩15分
□ テキスト・・・エッセイ「こころの広場」 第1章「ひろば」 143〜203頁
『芹沢光治良文学館12』 新潮社刊 平成9年8月10日発行
□ 司 会・・・石川慎二郎 (いしかわ しんじろう)
{ 次回は、8月19日(日) 13:00〜17:00です。 テキス トは、 短編小説 「昼寝している夫」 119〜139頁 『芹沢光治良 文学館9』 新潮社刊 平成9年2月10日発行の予定です。}

※会員の鈴木吉維さんが『芹沢光治良 救済の文学』を上梓しました。 同封のリーフレットのとおり、購読希望者には、例会々場で頒布しま すのでお申込み下さい。 定価:2800円(消費税なし)
※名古屋フェスティバルに参加希望の方は、参加案内を参照の上、 同封の葉書にて、8月15日(必着)までにお申込み下さい。
鈴木吉維表.jpg

鈴木吉維 目次.jpg


続きを読む
posted by セリブン at 20:41| Comment(0) | 日記