seri1.jpg unmei6.jpg 芹沢光治良文学愛好会

2019年12月14日

12月月例会

12月だより

 お元気ですか一師走を迎え街では、イルミネーションやクリスマス・ソングが流れ、それに押されるかのように、何故か足取りも早くなります。 雪国の田舎育ちの筆者は、幼少期の頃はクリスマスケーキを口にしたこともなく、餅つきも分家が

集まり本家で、臼と杵で正月の準備をしていましたが、その搗き立ての餅を貰い醤油で食べていた当時の素朴ながらも美味しかったことをその情景と共に思い出します。そして切り餅を囲炉裏の炭火で焼いた餅を餡や黄粉でまぶしたものは、ま

た格別なものでした。しめ縄や松飾は父が手作りし神棚や玄関に飾り、新年の準備を整えたものでした。正月は家族で炬燵に入り、蜜柑や正月用に買い求めた、お菓子等を頬張りながら静かな正月を過ごしていました。これも60年以上前の風情のー端です。

例会後、下記のとおり「忘年会」を予定しています。ゆく年を皆様と共に歓談できたらと念じています。


第509回 ● 芹 沢 光 治 良 文 学 愛 好 会 ● ご案内


  口日時……12月22日(日)13:00〜17:00 参加費:500円
  口会場‥‥‥三鷹市市民協働センター 第2会議室(2F)
            ●東京都三鷹市下連雀4-7-23 TEL:0422-46-0048
            
       Θアクセス‥・中央線三鷹駅下車南口から徒歩15分
  ロテキスト‥‥・短編小説「ソクラテスの妻」
    小説新潮昭和25年5月號(第4巻・第5號)新潮社‥‥‥11月の送付資料
  口司会……鈴木春雄(すずきはるお)

ダイヤ12月の送付資料
 (1)長編小説『麓の景色』スタイル昭和30年7月号スタイル社‥‥‥第7回/全12回0
 (2)短編小説「蜜柑お便り」所収:長編/短編小説集昭和17年9月20日初版発行日本文林社
 (3)リーフレット開館10周年記念企画「沼津市芹沢光治良記念館のあゆみ」
         期間:令和元年11月12日(火)〜12月28日(土)会場:記念館2階市民ギャラリー
 (4)新聞記事勝呂奏(すぐろすすむ)講演要旨「芹沢光治良と川端康成の文学」
           沼津朝日令和元年(2019年)11月17日(日曜日)
 (5)芹沢光治良/東京朝日新聞・掲載資料(関連記事を含む)・年代順‥‥‥第3回
  @芹沢光治良「書かれざる作品」‥‥‥朝刊昭和8年11月10日(金曜口)
  A林房雄「文學再建の意志」‥‥‥朝刊昭和9年1月25日(木曜日)
  B大伴女鳥(匿名評論)「豆戦艦−(4)−11月の雑誌」‥‥‥朝刊昭和9年10月30日(火曜日)
 (6)「令和2年(2020年)の月例読書会の司会者」について‥‥‥指名者のみ送付
 ※次回は、令和2年1月19日(日)13:00〜17:00です。
 テキストは、今月の送付資料の短編小説「蜜柑の便り」

所収:長編/短編小説集『生れた土地』付録

 昭和17年9月20日初版発行日本文林社の予定です。


ダイヤ「忘年会」のご案内


  愛好会は「継続は力なり」と、今春3月には「月例読書会」500回記念を迎えるとともに、7月には創立42周年の誕生記念の節目を迎えましたが、すでに師走に入り、今年を顧みる時節となりました。つきましては「忘年会」を次のとおり行いますので、皆様の参加をお待ちしています。
   申込:15時までに受付にて、会費を添えて受付にてお申し込み下さい。
   日 時:12月22日(日)17:00〜19:30終了予定です。
   会場:中華料理「三福屋」※読書会々場から徒歩3分 TEL:042-269-3033
   会費:4,500円(税込)
   メニュー:中華料理「ゆっくり2.5時間/飲み放題付(9品)」コース
今新年(令和2年)からの「例会目」と「テキスト」について
 1月19日(日)‥・短編小説「蜜柑の便り」所収:長・短編小説集『生れた土地』付録昭和17年9月20日発行‥・12月の送付資料
 2月16日(日)‥・短編小説「わがむすめ」所収:長・短編小説集「哀愁記」付録昭和22年7月10日発行‥・1月の送付資料
 3月22日(日)・‥短編小説「松下の場合」新生活昭和21年7月號発行所:新生活社‥・2月の送付資料


 連絡先 メール




posted by セリブン at 18:35| Comment(0) | 月例会

2019年11月26日

【沼津市芹沢光治良記念館】芹沢光治良文学講演会記事及び関連書籍チラシについて(送付)

F1C3416E-1DBD-43A0-BA9C-3189C13053DE.jpegF7364C6C-D812-4477-83A6-19A19552A9C5.jpeg関係各位


平素より大変お世話になっております。

さて、去る1123日付『沼津朝日』紙面にて、当館館長中村による文学講演会に関するコラムの掲載がされました。

つきましては、別添のとおりご参考までにその写しを送付申し上げますので、ご査収ください。


また、本日、沼津市内のマルサン書店より、来る1212に芹沢光治良著作『サムライの末裔』がP+D BOOKSとして出版されること及びその書店作成のチラシの提供がありました。別添のとおり、そのチラシの写しもご参考までに併せて送付申し上げます。


今後とも変わらぬご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。





20191126

沼津市芹沢光治良記念館

055-932-0255

kojiro@city.numazu.lg.jp



posted by セリブン at 18:59| Comment(0) | 沼津市芹沢光治良記念館

2019年11月25日

【沼津市芹沢光治良記念館】関連新聞記事について(送付)

212C23F8-97C2-4DC1-A3D4-C09D73E49576.jpeg0841C98F-782D-4B35-8735-39E815B60DA9.jpeg関係各位


平素より大変お世話になっております。

さて、去る1117日付『沼津朝日』にて、先般開催しました第10回文学講演会の講演記事及び芹沢光治良関連コラムの掲載がありました。

つきましては、別添のとおり、その写しをご参考までに送付申し上げますのでご査収ください。


今後とも変わらぬご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。





posted by セリブン at 14:22| Comment(0) | 沼津市芹沢光治良記念館