seri1.jpg unmei6.jpg 芹沢光治良文学愛好会

2019年09月19日

芹沢文学愛読者短信 第218号 


2019年9月10日
芹沢文学愛読者の会

 芹沢文学の二つの短編
『死者との対話』『春のソナタ』の作品は、珠玉の短編と言はれ
てます。
 この二作品は東大生で学徒出陣し、人間魚雷『回天』の訓練中
に事故死された、和田稔氏がテーマになっています。
 若き日に、土居良太郎氏は和田稔氏と一緒に芹沢先生宅を訪ね
ました。そのときの思い出や、和田氏のお人柄などを、『芹沢・
井上文学館友の会会報』に書かれました、ご紹介します。

和田君のこと
   土居良太郎(元市立沼津高校長)
 「色白でやせ型の気立てのやさしい青年だった。人の話を聞
くときには、よく小首をかしげてはにかみながら眼をしばたいた。
 しかし、柔和な外見にかかかわらず、シンは人一倍強いという印象を受けた・・・
上山春平氏の『和田稔』評である。
 上山氏は旧上官、後の京大教授。これは、そのまま、沼中、一高時代の彼の姿とかさなる。
その通りなのだ。
 一高生数人で沼津の大先輩芹沢光治良先生をお訪ねした
ことがある。その中に和田君も私もいた。昭和十六年秋、東中野。
管制下の暗い電灯の下で先生の静かなお話が続く。人生、文学、哲学:息詰まるような
時間の中で、私たちは何かを摸索していたのである。
 時局は日毎に切迫していった。ついに学徒出陣という異常
事態がやって来る。入隊二ヶ月前の彼の手記を見よう。これは妹さん宛のものだ。
 
「若菜、私は今、私の青春の望んだ花はついに地上に開くことはなかった。
とはいえ、私は私の根底からの叫喚によって、さすことが出来るだろう。    
 私の柩の前に唱えられるものは私の青春の挽歌ではなく、私の青春の頌歌であってほしい。            
 これは、いかにも青年らしいロマンの香り高い文章である。彼は二十一歳。目分の青春、および未夾を百家刀要請のために、 
断念しなければならなかった青年の苦悩がにじみ出ている。
彼はヴァイオリンをたしなむ心やさしい青年だった。その彼が、
わずか一年ばかりの間に精神も肉体も技術も回天特攻隊随一の人になったという。その秘密はいったい何だったのだろう。   
国家非常の時には誰もがそうなり得るのだろうか
彼が九州男児の血を引いていたからだろうか。それとも彼のひたむきな純粋の生き方のためなのだろうか私には判らない。
 彼が光基地で特攻訓練に明け暮れていた頃、私は高師原で対戦車肉薄攻撃の訓練に忙殺されていた。
 彼の手記『わだつみのこえ消えることなく』(角川文庫)を私はくりかえし読んだ。彼の苦悩と純粋さに心打たれた。
そして、失われたものがあまりにも大きすぎたのに心痛むのである。戦争の空しさを思うのである。
 昭和27年7月27日
 回転特攻隊委員海軍少尉
 和田 稔 殉職
 そして、また、8月15日がやって来る。非戦の誓いを新たにする日である。
 (芹沢・井上文学館友の会会報 1989・12・1 から)
-
沼津市芹沢光治良記念館 企画展
『光治良と川端康成展』
         に参加して
      沢田昭人(愛知県豊田市)
 展示会を巡回する前に、記念館の職員の方に「光治良と川端は一高、東大と通いながら、
顔見知り程度で交流が始まっだのは、作家としての活動をしてからだ」と聞いた。
 展示物を見ながら両者の書簡のやりとりとか、ペンクラブでの活躍、さまざまな
企画を立て実行していく様などをのんびり見て過ごした。
 意外に思ったのは、光治良は中学時代数学が得意で、高等学校は理系志望だったことだ。
 しかし、教師は法科へ進むことを勧めた。本人は仏文科へ進学した。この時期から文学を
めざすつもりだったように思う。
 大学は経済学部へ進み、役人の生活を経て、結婚と同時にフランスへ留学、肺結核闘病の末帰国。改造社の懸賞小説
で一等賞となり作家としてデビューをはかる。
 その小説『ブルジョア』に対して、文芸
評論に厳しい川端が、その作風を評して日本には珍しい型の小説家であるとしている。
 これは光治良にとって正当に自分の才能を評価されて、喜んだのではないかと思う。
自分の文才に対して、多少とも懐疑的だった彼には、まさに魚が水を得たように思う。
 後に川端が日本ペンクラブ会長に就任し、光治良が後に副会長となり彼を支え、
川端が解任した後、光治良が会長を引き継ぐことになる。
なぜかこの二人は太い運命の絆で結ばれていたと思う。
 光治良に大きな影響を与えた人物に、市河彦太郎がいる。
光治良より一年先輩で、外交官で文学愛好家だった。彼が紹介してくれた井上先輩の
言葉「故郷の塩になるために、沼津で有益な仕事がしたい」。後に沼津毎日新聞の社
長になられたと言う。
 市河は光治良に文学のすばらしさを教えた、兄貴のような存在ではなかったかと
思う。
光治良は井上先輩の言葉に、深い感銘を受けたという。
 だからこそ芹沢文学は、故郷のみならずヨ本、世界にとっての塩になったのではな
卜かと思うI               」
光治良と川端康成展
    沼津市芹沢光治良記念館
第一回・令和元年六月十五日〜十一月三十日
第二回・十二月十五日〜令和二年五月三十一日
お知らせ‥和田稔氏が残した日記、ノートなどをたどり
ながら、当時の戦友たちをたずねた記録のビデオ再生が、
来年一月の新年会でできそうです。
posted by セリブン at 21:29| Comment(0) | 芹沢文学愛読者の会 名古屋

2019年08月11日

2019年(令和元年)8月   通信No.505 8月便り


8月だより
 お元気ですか一梅雨明け後、猛暑日が続いておりますが、暦の上では8月8日が立秋となっていますが、暑さはこれか
らも続くようですが、熱中症に注意しなければと思います。今月のテキストの短編小説「眠られぬ夜」(昭和14年6月【文
藝】もそうですが、芹沢文学における中国が舞台となっている主な作品を挙げるならば、「草笛」(昭和14年1月【新潮】)、
「南寺」(昭和14年3月【中央公論】)、「弧雁」(昭和13年8月)【改造】『愛と死の書』の第3章)、「鎮魂歌」(昭和15年12月
【改造】)などがありますが、因みに芹沢光治良先生は、昭和13年4月29日に東京を発って、北京、張家囗、大同、雲南、
石家荘、済南、青島、上海、南京を視察し6月15日に帰国しています。この旅の目的は結核の再発を恐れながらも「戦争
の本質を自分の目で確かめるため」とその意義を「人間の運命」で述べています。また当時の新聞や雑誌への寄稿や座
談会においても客観的な視点で語られています。戦後の著作においても仏留学時代の友人ジャック・ルクリュとの友情を
現した『愛と知と悲しみと』(昭和36年11月新潮社)、『人間の運命』第2部・第5巻「戦野にたつ」(昭和42年7月新潮社)
でもこの旅の経験が活かされてます。
 真夏の玄関先の鉢植えの植木は、一日でも散水を怠りますと翌朝には、しおれている場合が多いですが、
私達も植物への水分補給と同じように、愛読者同士の読後感を補給する必要があります。そして
猛暑に負けることなく自由に楽しく、時には真剣に語り合いましょう。皆様の参加をお待ちしています。


       第505回 〇芹沢光治良文学愛会 〇 
               ご案内

  • 日 時・・・8月18日(日)13:00〜17:00 参加費:500円
  • 会 場・・・三鷹市市民協働センター 第2会議室(2F)
  • 東京都三鷹市下連雀4-7-23 TEL:0422-46-0048
  • アクセス‥・中央線三鷹駅下車南口から徒歩15分
  • 司 会……高田博次(たかだひろつぐ)
  • テキスト‥‥・短編小説「眠られぬ夜」文藝昭和14年6月読改造社‥‥‥7月の送付資料
♢8月の送付資料
 (1)長編小説『麓の景色』スタイル昭和30年3月号スタイル社‥‥‥第3回(全12回)
 (2)短編小説「化粧」所収:長編/短編集『産れた土地』付録:昭和17年9月20日初版発行日本文林社(5000部)
 (3)令和元年度/芹沢光治良文学愛好会/会員名簿‥‥‥令和元年7月31日現在令和元年8月1日発行
 (4)新聞記事「沼津市芹沢光治良記念館」読売新聞2019年(令和元年)7月10日(水曜日)地域版
 《次回は、9月23日(祝)13:00〜17:00です。テキストは、今月の送付資料の短編小説「化粧」
     所収:長編/短編小説集『産れた上地』付録昭和17年9月20口初版発行(5000部)日本文林社です。》
♢令利元年度/芹沢光治良文学愛好良/会員名簿
 毎年8月に発行することになっています。標記の「会員名簿」をお届け致します。どうぞご査収ください。なお「会員名簿」つ
いて、訂正や変更のある場合は、表紙の下部に明記してあります事務局宛てお知らせください。また「パソコン」及び「スマー
トフォン」等をお持ちの方で、そのメールアドレスお知らせいただければ、次年度からの会員名簿に反映することが可能です
のでご活用ください。名簿は時として特殊詐欺グループに使われる場合があり、名簿の表紙に記してありますが、本命簿の
取り扱いについては、適正且つ厳正な管理をお願いします。

♢新装版『巴里に死す』勉誠出版 2019年度版
 伸子(しんこ)の心理描写と母性の精神的成長過程が清麗な筆致で描かれている【巴里に死す】は、太平洋戦争の真っ只
中、昭和17年1月から12月まで、検閲で削除されることなく、婦人公論に連載されました。戦時色を払拭した人道主義の立
場が貫かれています。この芹沢文学の代表作品は、昭和28年仏語訳されフランスやベルギーで10万部のベストセラーとなり、
西欧諸国で高い評価を受けました。本書は勉誠出版より2012年2月20日に刊行されたされましたが、この度新装版(2019年
6月17日発行)として再刊行されました。カバーは新装されましたが「遠藤周作の解説」と「大江健三郎の講演録」は削除され
ています。現在AMAZONや楽天市場などの通販サイトでも購読可能です。 定価は1944円(税込)です。なお2012年版
は、楽天市場のサイトで1944円(税込)で、注文可能です。宜しければ友人知人の皆様にもご紹介ください。
事 務 局
E-Mail:メールクリックして下さい。
代表
芹沢光治良文学愛好会 代表鈴木春雄
posted by セリブン at 17:08| Comment(0) | 月例会

2019年08月02日

【沼津市芹沢光治良記念館】企画展展示説明会について(報告兼ご案内)

96F2932C-7064-42C4-9B2E-CD63E0662216.jpeg関係各位


平素より大変お世話になっております。

さて、本日は当館で開催中の企画展「光治良と川端康成展」(第1回)の展示説明会を開催しました。

3回行い、合計18名のご参加をいただきました。

なかには夏休み自由研究にしたいとのことで、地元中学生の参加もありました。

ありがとうございました。

また、この展示説明会は別添の本件チラシのとおり824日(土)にも開催します。

併せて、沼津朝日新聞社発行の昨日730日付『沼津朝日』にて紹介記事が掲載されましたのでご参考までにその写しを送付申し上げますので、ご参照ください。

なお、企画展は1130まで開催しております。

この機会にぜひご来館いただきますよう再度ご案内申し上げます。


今後とも変わらぬご支援、ご協力をいただきますようお願い申し上げます。


沼津市芹沢光治良記念館

055-932-0255

kojiro@city.numazu.lg.jp

posted by セリブン at 08:24| Comment(0) | 沼津市芹沢光治良記念館