seri1.jpg unmei6.jpg 芹沢文学愛読者の会 名古屋: 芹沢光治良文学愛好会

2019年09月19日

芹沢文学愛読者短信 第218号 


2019年9月10日
芹沢文学愛読者の会

 芹沢文学の二つの短編
『死者との対話』『春のソナタ』の作品は、珠玉の短編と言はれ
てます。
 この二作品は東大生で学徒出陣し、人間魚雷『回天』の訓練中
に事故死された、和田稔氏がテーマになっています。
 若き日に、土居良太郎氏は和田稔氏と一緒に芹沢先生宅を訪ね
ました。そのときの思い出や、和田氏のお人柄などを、『芹沢・
井上文学館友の会会報』に書かれました、ご紹介します。

和田君のこと
   土居良太郎(元市立沼津高校長)
 「色白でやせ型の気立てのやさしい青年だった。人の話を聞
くときには、よく小首をかしげてはにかみながら眼をしばたいた。
 しかし、柔和な外見にかかかわらず、シンは人一倍強いという印象を受けた・・・
上山春平氏の『和田稔』評である。
 上山氏は旧上官、後の京大教授。これは、そのまま、沼中、一高時代の彼の姿とかさなる。
その通りなのだ。
 一高生数人で沼津の大先輩芹沢光治良先生をお訪ねした
ことがある。その中に和田君も私もいた。昭和十六年秋、東中野。
管制下の暗い電灯の下で先生の静かなお話が続く。人生、文学、哲学:息詰まるような
時間の中で、私たちは何かを摸索していたのである。
 時局は日毎に切迫していった。ついに学徒出陣という異常
事態がやって来る。入隊二ヶ月前の彼の手記を見よう。これは妹さん宛のものだ。
 
「若菜、私は今、私の青春の望んだ花はついに地上に開くことはなかった。
とはいえ、私は私の根底からの叫喚によって、さすことが出来るだろう。    
 私の柩の前に唱えられるものは私の青春の挽歌ではなく、私の青春の頌歌であってほしい。            
 これは、いかにも青年らしいロマンの香り高い文章である。彼は二十一歳。目分の青春、および未夾を百家刀要請のために、 
断念しなければならなかった青年の苦悩がにじみ出ている。
彼はヴァイオリンをたしなむ心やさしい青年だった。その彼が、
わずか一年ばかりの間に精神も肉体も技術も回天特攻隊随一の人になったという。その秘密はいったい何だったのだろう。   
国家非常の時には誰もがそうなり得るのだろうか
彼が九州男児の血を引いていたからだろうか。それとも彼のひたむきな純粋の生き方のためなのだろうか私には判らない。
 彼が光基地で特攻訓練に明け暮れていた頃、私は高師原で対戦車肉薄攻撃の訓練に忙殺されていた。
 彼の手記『わだつみのこえ消えることなく』(角川文庫)を私はくりかえし読んだ。彼の苦悩と純粋さに心打たれた。
そして、失われたものがあまりにも大きすぎたのに心痛むのである。戦争の空しさを思うのである。
 昭和27年7月27日
 回転特攻隊委員海軍少尉
 和田 稔 殉職
 そして、また、8月15日がやって来る。非戦の誓いを新たにする日である。
 (芹沢・井上文学館友の会会報 1989・12・1 から)
-
沼津市芹沢光治良記念館 企画展
『光治良と川端康成展』
         に参加して
      沢田昭人(愛知県豊田市)
 展示会を巡回する前に、記念館の職員の方に「光治良と川端は一高、東大と通いながら、
顔見知り程度で交流が始まっだのは、作家としての活動をしてからだ」と聞いた。
 展示物を見ながら両者の書簡のやりとりとか、ペンクラブでの活躍、さまざまな
企画を立て実行していく様などをのんびり見て過ごした。
 意外に思ったのは、光治良は中学時代数学が得意で、高等学校は理系志望だったことだ。
 しかし、教師は法科へ進むことを勧めた。本人は仏文科へ進学した。この時期から文学を
めざすつもりだったように思う。
 大学は経済学部へ進み、役人の生活を経て、結婚と同時にフランスへ留学、肺結核闘病の末帰国。改造社の懸賞小説
で一等賞となり作家としてデビューをはかる。
 その小説『ブルジョア』に対して、文芸
評論に厳しい川端が、その作風を評して日本には珍しい型の小説家であるとしている。
 これは光治良にとって正当に自分の才能を評価されて、喜んだのではないかと思う。
自分の文才に対して、多少とも懐疑的だった彼には、まさに魚が水を得たように思う。
 後に川端が日本ペンクラブ会長に就任し、光治良が後に副会長となり彼を支え、
川端が解任した後、光治良が会長を引き継ぐことになる。
なぜかこの二人は太い運命の絆で結ばれていたと思う。
 光治良に大きな影響を与えた人物に、市河彦太郎がいる。
光治良より一年先輩で、外交官で文学愛好家だった。彼が紹介してくれた井上先輩の
言葉「故郷の塩になるために、沼津で有益な仕事がしたい」。後に沼津毎日新聞の社
長になられたと言う。
 市河は光治良に文学のすばらしさを教えた、兄貴のような存在ではなかったかと
思う。
光治良は井上先輩の言葉に、深い感銘を受けたという。
 だからこそ芹沢文学は、故郷のみならずヨ本、世界にとっての塩になったのではな
卜かと思うI               」
光治良と川端康成展
    沼津市芹沢光治良記念館
第一回・令和元年六月十五日〜十一月三十日
第二回・十二月十五日〜令和二年五月三十一日
お知らせ‥和田稔氏が残した日記、ノートなどをたどり
ながら、当時の戦友たちをたずねた記録のビデオ再生が、
来年一月の新年会でできそうです。
posted by セリブン at 21:29| Comment(0) | 芹沢文学愛読者の会 名古屋

2019年03月19日

第41回芹沢文学愛読者新年会

41回芹沢文学愛読者新年会(報告)

   平成31年1月20日実施


    出席者32


平成最後の年となります新年の集い、天候にも恵

まれ明るい部屋で、和やかな雰囲気に包まれての

楽しい一日でした。会はいつものように3分間スピーチを中心に、途中コーヒータイム取りながら進み

ました。



昼食後、二つの企画が紹介されました。

 (一)昨年他界された熱心な芹沢文学の読者斎藤

   博子様が、亡くなられる直前まで精魂を傾

   けて作曲された『大自然のうた』紹介。

    詩は、芹沢光治良先生の「文学はもの言

   わぬ神の意思に言葉を与えることだ」

    (歌:猪股典子様、 ピアノ:猪股恵様)

 (二)芹沢光治良先生が80歳のとき出版された

    『狭き門より』について、ご自宅で話され

    たときのビデオ紹介。


新年会終了後、ご都合のよい方は、軽い夕食と飲

み物を頂きながら、二次会を楽しみました。


    

新年会の感想


 真木裕衣子

     (愛知県一宮市)

 芹沢文学と出会ってまだ

二年。そんな私が芹沢文学愛

読者の会に参加させていただき、新年会という大きな集まりにも出席できて、新年という大きな楽しみができました。

 芹沢文学を軸に時間と空間を交えて広がる人の輪。その中に私も入れていただい

たことに心から感謝申し上げます。

 今年の新年会は先ず、猪股様お二人の親子の姿に感動しました。親子二人でともに

一つの芸術を創り出す。お互いを尊重する気持ちが無け

れば、あの素晴らしい音楽が生まれないでしょう。素晴らしい音楽とともに、親子関係

で失われがちな大切な気持ちを感じました。ありがとうございました。

 名司会平石様に導かれ行われた3分間スピーチでは、この会で皆さまが歩んで来られた

「道」を見せていただいたと感じました。


茶道、柔道のような「道」。「芹沢文学道」というのでしょうか。芹沢文学を中心に、

その作品をともに読み深め、思いの丈を語り合ったり、旅に出たり、文通をしたりと

大小様々な活動でつながり合って行く営みが創り上げた「道」を思い浮かべました。

 その道の端には可憐な花が咲き、その花は猪股様がアンコールで歌ってくださっ

たあのすみれのような愛らしい花です。時には踏まれてしまうこともありましょう

が、それもまた一つの物語です。

 そんな道を歩んで来られた先輩方。日々の生活は様々ですが、心に芹沢文学とその

仲間の存在があり、豊かな人生を作り上げられていることを皆様のスピーチで教え

ていただきました。

 ありがとうございました。私はまだその道を歩き始め

たばかじですが、これからもよろしくお願いいたします。


新年会出席の喜び

         稲垣芳子

       (三重県津市)

 「平成」最後の新年会、三十二人の笑顔にお会いでき、ま

た一年心豊かに過ごせそうです。

 今回も、安井様がビデオを見せてくださいました。芹沢

先生八十歳のとき、NHKテレビ「スタジオ102土曜イ

ンタビュー」ご出演、お話しの書名は『狭き門より』につ

てで、主人公の名前が美子なので字は違えども、親しみ

を感じた一冊でしたから心に残っており嬉しかったで

す。

 開会挨拶の安井様、三分間スピーチで洞谷様、丹羽様、

河野様が、山本正夫様のお話をなさいました。

著書もたくさん残され、会員にご恵贈ドさいました。

 平成二年九月『失ったもの得たもの』出版祝賀会が、鳥

羽の平石家で開かれ、ご夫妻にお会いいたしました。その

2年後、山本様のご希望で松坂市の本居記念館にお越し

いただきました。後日のおはがきに「少年のころから抱き

続けてきた松阪で、本居宣長先生の遺徳を訪ねることが

でき、こんな有り難い旅はございません。私にとって賀茂

真淵先生とも言うべき、芹沢

先生との往復書簡集の準備中だけに、一層感激しました」

と書かれていました。

 山本様は渡辺和子様のことや、退職後の日々のことな

ど、楽しそうにお話しされてみえた笑顔が目に浮かびま

す。パリ、スイスの旅の時、山本様も皆様も若かったで

すね。

 会員の皆様のお別れも多くなりましたが、安井様が折々に

その方のご遺徳を

しのぶ文章を会報に載せてくださり、忘

れ得ぬ方々となります。

 準備委員の皆様、司会の平石様、お歌の猪股母娘様。有

難うございました。



蛇足ー大吉のおみくじに

「趣味の話で盛り上がる楽しい一年−と書かれてい

ました。

 会場でお三方に「ボヘミア

ンこフプソデイを観た?」「ま

だよ」。帰宅すると、友人からの留守

電。その映画のお誘い。さっそくご利益ありました。


 光治良と中国展

   芹沢光治良記念館(沼津市)

        開催中(531日まで)

 長編小説『愛と知と悲しみと』を中心に作品の

舞台となっている、中国と光治良との関係を日記

や書簡を通して紹介。

posted by セリブン at 08:03| Comment(0) | 芹沢文学愛読者の会 名古屋

2018年12月05日

名古屋文学愛読者通信 第216号

芹沢文学愛読者短信 第216号
2018年11月7日 芹沢文学愛読者の会
 芹沢文学愛読者新年会(第41回) 平成31年(2019)1月20日(日)
平成最後の年になります。
 芹沢文学愛読者新年会楽しみにお待ちのことと思います。新年会準備委員の皆様が下記のように準備しご用意してくださりました。ご参加をお待ちします。
 
  1日時:        平成31年1月20日日曜日
           10:30〜17:00
    2会場:        ウインク愛知名古屋駅前11階1103号室 電話052-571-6131
    3会費:        10,000円当日ご持参願います(昼食、お飲み物、写真代などを
                  含みます)
                 当日会費の受け取りをスムースに進めるために各自宅に届いた単身の                  空き封筒に会費を入れお出し願います。
    4申し込み:  同封のはがきでお申し込みください。
                 締め切りは12月6日木曜日
    5二次会   午後2時から新年会終了後同じ会場で二次会を行いますご都合のよろ         しい方お気軽に出席してください。
       1)時間5時半から7時半
    2)二次会会費      開始女性2000円男性3000円(夕食、お飲み物等含みます)
 『合同読書会イン名古屋フェスティバルを終えて』
                                  前田 操 
 東京の愛好会が実施してきました我入道の集いが今年は行われないと4月末に知りました。40年以上鈴木春雄様が愛好会会長を務めてくださりこの春退任されました。そして沼津市芹沢記念館の仁王艦長も退職され、芹沢文学の愛読書にとっては節目になりました。
そんな時に名古屋で合同読書会開催のお話をいただき恐れ多くもお引き受けいたしました。今年は芹沢先生没後25年になります。秋のお彼岸に東京、芝川、名古屋の読書会が集合して、名古屋駅前のウィンク愛知に置いて9月23 24の両日芹沢晴れの下、延べ人数90人近い方の参加をいただき開催されました。
第一日
初日23日は9年の歳月をかけて今年6月に完成公開された名古屋城本丸御殿を見学後、3種の新規の剣が祀られている熱田神宮へ。その後、相川家並びに小山家の春八事霊園で墓参りの後。生前相川家のあった、大津町の一画くにあるレストランに、夕方6時過ぎに到着。レストラン内の3階の大広間に案内され、サプライズのパイプオルガン(辻宏氏建造)で荘厳なバッハの曲から他数曲が演奏されました。それに続くフランス料理とワインの味は格別なものでした。
 第2日
翌24日10時半開会。短編小説『稚い話』読書会から始まり、様々な感想が語られました。昼食をはさんで午後は渋川読書会の皆様がコント『白物語』を熱演、拍手喝采でした。最後は鈴木春雄前愛好会会長の講演『芹沢先生の人と文学を囲む人々』でしめていただき、久々にお元気な鈴木晴雄様の講演を拝聴しました。
 続いて鈴木様によって9月4日に急逝された、伊豆の斉藤博子様の追悼の黙祷が教会の鐘の音と共に捧げられました。その後斉藤様のご主人斉藤洋行様のあいさつに続き博子様の遺作となりました『大自然の歌』を、安井恵美子様のご指導で皆様と合唱いたしました。
 一日を通して司会をしていただいた、平石正行様のおかげもあり「案ずるよりも産むが易し」で、なごやかな合同読書会にしていただいたのも、参加してくださったお一人お一人でした。半年の準備中は、東京の愛好会、芝川読書会、名古屋愛読書の会の皆様に大変お世話になりました。そして、様々な資料作りは、鈴木晴雄様の手をお借りしました。
 大役を終えた後の例会で名古屋の読書会の皆様と合同読書会の無事の終了を感謝いたしました。参加いただいた皆様に心より感謝いたします。
                         平成30年10月18日記

 芹沢光治良文学講演会
 主催沼津市教育委員会、
 「芹沢幸光治良文学は今を生きる中国人民にどう映ったか」
 講師 今年『愛と知と悲しみと』を中国語に翻訳された国際コラムニスト加藤喜一氏
 日時   11月24日土曜日
 会場   沼津市立図書館
 申し込み 芹沢光治良記念館
 予告
 来年1月20日の新年会で芹沢光治良先生80歳のときに出版された『狭き門』よりについて先生がご自宅でお話をされている貴重なビデオ紹介予定です。
 芹沢文学読書会日程の変更
  今年最後の読書会12月16日です。当初は12月9日と案内されていましたが、会場の都合で12月16日日曜日に変更になりました。『海に鳴る婢』の第10章です。

posted by セリブン at 14:30| Comment(0) | 芹沢文学愛読者の会 名古屋