seri1.jpg unmei6.jpg 芹沢文学愛読者の会 名古屋: 芹沢光治良文学愛好会

2020年12月05日

芹沢文学愛読者短信 No221

芹沢文学愛読者短信

読書で自粛

コロナナウイルスによる自粛でいろいろと制約をうけています。
 いかがお過ごしでしょうか。
 こうしたとき、自宅で読書を楽しむのも良い方法かもしれません。
 浜松市の河野信子さんは「いままで積ん読でした本を、読みなおしております」との
お便りをいただきました。参考にさせていただいてます。
  
名古屋芹沢文学読書会
 港図書館の使用停止により、読書会も停止しています。
 これからの読書会ですが、港図書館の使用許可が下りるのを待ち、打合せの上決
定となります。
 6月は、港図書館が使用停止のため読書会は休み。
 7月は、港図書館の使用停止が解除になるが、読書会開催については、図書館との打ち合わせが必要となるため、
 前田操さんから後日読書会出席者宛てに連絡があります。


庄野さんのこと 平石 政行 (三重県鳥羽市)
もう四十年も前のことです。当時勤めていたミキモト真珠島で、どんな案配か私が二人連れの旅行者の案内をさせて頂くことになりました。

名刺交換の際、紳士の一人が作家
の阪田寛夫さんと知りました。女流作家の阿部光子さんが、キリスト教繋がりで阪田さんと親交のあることを存じていましたので、
阿部さんのお名前を出すと、「まさかこんな所で阿部さんのファンの方とと驚かれ、その後の、その後の会話が弾みました。
この時、側で静かに聞いておられたのが同じく作家の庄野潤三さんで、お二人は大親友と聞きました。
 以後庄野さんのお名前は、新聞や文芸誌で目にすることはありましたものの、作品を読むまでには至りませんでした。
二十数年前、庄野さんの近況を綴った作品集が年に一冊ずつ発刊されていることを知り、妻と読み始めました。淡々と老夫婦の平凡な日常を
描いた内容ながら、自分も歳を重ねたらこんな生き方をしたい、こんな過ごし方をしたいという思いが読む程に募りました。
 二百人の愛読者が訪れるとか、芹沢
文学同様に庄野文学が今もって息長
く読み継がれていることを知りました。
 読後のほっこりと温かな味わいに惹かれて次の年の発刊を待ち焦がれたのも今では懐かしい思い出です。
一月のある朝、妻が『NHKラジオで庄野さんの熱烈な愛読者の話を聞いた』と、その内容を話してくれました。
 一年に二度、建国記念日と、秋分の日に庄野家が解放され、毎回百人、二百人の愛読者が訪れるとか、芹沢文学同様に
庄野文学が今もって息長く読み継がれていることを知りました。
 小由急線生田駅を下車してから山の上のお宅までの道順は、作品を通してしっかり頭に焼き付いています。
自らの足で坂道を登り、庄野さんご夫妻が住んでみえた当時のままのお宅を拝見できるとは正に読者冥利です。
 今秋九月二十二日には二人して上京しようと、今から妻と楽しみにしています。
 夫婦の語らいが引き金になって長年書棚の隅に眠っていた『庄野潤三全集全十巻』を読む運びになりました。
長年読みたいと思いながら手の届かなかった個人全集や長編小説に挑戦するのも、読む時間が潤沢にある巣籠りタイムの
有効な活用法の一つかも知れません。

『芹沢文学愛読者短信アーカイブズ』

過去の『短信』から、もう一度採録し紹介します。
ー第83号『1992年(平成4年)4月20日付き』ー

芹沢光治良先生の風邪

芹沢先生がお風邪をひかれて熱を出された、とのお便りを芹沢文子先生から頂きました。

二月中旬父が風邪をひきました。熱が出たのでしょうか、手が震えたり、咳が出たりしました。
 私は神様のおぼしめしだから大丈夫だと思い、父の好きなように薬も飲まず、医者も呼ばず、また寝付くこともなく、
三月十五日愛好会例会の日を迎えました。
 いつもより遅く、出かける前にルルドの聖水を飲み、どうなるかと思いながら送って行きました。
 外に待っていてくださった方々がとても喜ばれました。
 帰りに向かいに行きましたら、父が元気になっていました。不思議なことです。
 親様の話によると、このたびのことは父を待っていてくださった方の心、父が自分を忘れてせっかく集まってくださった
方にひと言なりとも思った心に、神様が働いてくださったようです。
 そして待つと言うことは、祈りと同じように大切であり、祈りは希望につながる、ということを教えて頂きました。
 自分の欲を捨てて人のために、祈る力がいかに大きいかということを知りました。どうぞお元気で。
 三月二十日 芹沢文子

posted by セリブン at 14:32| Comment(0) | 芹沢文学愛読者の会 名古屋

2020年09月28日

芹沢文学愛読者短信2020年9月20日芹沢文学愛読者の会

 

 

来年の新年会(1月17日)中止

 今年の夏はコロナ日と猛暑で大変でした。どんな夏をお過ごしになられましたか。

 夏が過ぎればコロナも弱まりよき特効薬も登場するものと期待していました。

 ところが、まだそのようには進まず、コロナ感染は広がりを見せています。
 このまま進みますと、来年の新年会開催が危ぶまれます。
 そこで、このほど新年会準備委員の皆様と書面で打ち合わせをいたしました。その結果内容は次の通りです。
 42年間休まず続いてきました『芹沢文学愛読者新年会』。来年も開催を楽しみに進めて参りました。それだけに、来年(令和3年1月17日)の新年会中止や誠に残念です。ご了承よろしくお願いいたします。
 今は、1日も早いコロナの収束を願うばかりです。

 令和3年『芹沢文学愛好会愛読者新年会』開催について、準備委員の皆様のお考え、まとめ一覧。

新年会開催ですが、新型ウィルス禍に加え、冬のインフルエンザが発生する頃ともなります。
 まずは健康管理を優先して密を避けてはと思っています。
 そこでできれば、皆さんの『令和3年における、抱負や予定』お単身に紹介していただければと思います。


コロナは多分収まらないと思います。残念ですが中止もやむを得ないと思います。
 実施するとすれば、3分間スピーチだけと言う簡素なものに縮小していってはどうでしょうか。

 コロナ災いで、先の見えない現状を踏まえて、来年1月の新年会開催は控えた方が良い。


 新年の1番の楽しみですが、まだ不安が残りそうですね。様々なものの消毒を思うとマイクの手渡しもできません。

 懐かしい方と手を取り合って大きな声で笑うこともできません。猪俣さんの歌声もお聞きできません。
 残念ですが来年の新年会はパスですね。その代わりとして、皆様の近況を書いたものをまとめて出してはどうでしょうか。

 新年会ができますようにと祈っていますが、コロナ禍がまだ蔓延を続け、寒くなればインフルエンザを引き連れて行きます。
 残念ではありますが、皆様の健康を考え『新年会は中止』にした方が良いと思います。

アマエビ

朝のウォーキングの時に立ち寄る神社が実国一宮で南宮大社(なんぐうたいしゃ)といいます。
 今年になって宮司さん達職員の朝拝の時に、一般の人も本殿に上がって、一緒に朝拝をどうぞと言うおふれがありまして、時々参加させてもらいます。
 4月になってから、疾病を退治すると言うアマビエの絵が置いてありました。
 私はその時初めてアマビエと言う妖怪を知りました。
 その後、陶器の町多治見市では、陶器で甘エビを焼いたとか、美濃市では、特産の美濃和紙でアマビエグッズを作っているニュースを見ました。すっかり馴染みになっているようです。
 半人半魚で意外と可愛らしい顔と、3つの尻尾には、水かきがある妖怪で、表情が明るいのが、病を追い払ってくれそうで希望が持てそうです。

小山勇様逝去

中日新聞社常任顧問をされていた小山勇様がご病気で6月10日に逝去されました。85歳。
 生前には芹沢文学愛好会車新年会にご夫妻で新年の挨拶に来てくださいました。奥様の寧子様が

posted by セリブン at 09:45| Comment(0) | 芹沢文学愛読者の会 名古屋

2020年02月19日

芹沢文学史読者短信 第220号


芹沢文学愛読者短信 2020年2月9日
芹沢文学愛読者の会
第42回芹沢文学愛読者新年会・報告
令和2年1月13日実施 出席者35人
今年も神奈川、静岡、福井、三重、岐阜
愛知の各県からお出かけくださいました。
天候に恵まれました令和初の新年会
は、初参加の杉淵洋一さんを迎え、35
人の出席でした。
 今年も平石攻行さんの名司会による
3分間スピーチマスタードしました。
▼病後の夫のために毎日野菜スープを
作っている鈴大和子さん▼手作り絵本
コンクールで秀作になった中垣キミ子
さん▼孫と伊吹山へ初登山をした各務
洋司さん▼失敗した時「大丈夫よ」と励
ましてくださった、芹沢文子先生のよう
な大人になりたいと話された安原和子さ
んなど、一人一人の話に聞き入りました。
 ビデオフ『天に散った和田稔の軌跡』
の感想を三本勝男さんは「和田稔の妹、若菜さんの『兄はひとり回天の中で死に、
人を殺さなかった。兵器はボタン一つ押すことで血が流れます』
この言葉が強く心に残ったと話された。
 いつも、猪設典子さんの歌の伴奏やピアノ演奏をされ
るお嬢様の猪股恵さんは、この日『成人の日』を迎えら
れ、式場から振り袖姿で新年会会場へ駆けつけてくださ
った。
 一度に華やいだ中で、猪股典子さんが歌われた6曲は、
ほんとうに素晴らしく、しばらく余韻にしたって拍手も
できない程でした。
 猪股さんは、「この新年会の雰囲気がとても好くて、
自分の力以上の声が出ているような気がします。芹沢先
生が居てくださるのでしょうね」と言っておられました。
 朝10時半から、夕方5時まで充実した一日でした。
                ’安井恵美子 記
新年に想う
     山田武夫(岐阜県関市)
   ー令和ー
 令和になって初めての芹文新年会
を迎えました。おめでとうございます。
 新元号に込められた令和の意味は、
皆さんもご存知のように、皴しい寒さ
のあとには春の訪れが告げられて、見
事に咲き誇る梅の花のように、一人一
人の日本人が明日への希望とともに、
それぞれの花を大きく咲かそうと。
そうした日本でありたいと願いを込め令和となったそうです。
 万葉集からとられたこの令和には、
梅野は名が出てきます。
 私は梅の花が大好きです。
   ‐花言葉
 花言葉を「上品、気品、忍耐」など
が言われますが、たおやかで、芯の強
い芹沢文学を思わせる言葉のような
きがしてきます。しかし、なぜか作品
は本屋の棚にならばず、各般での紹介
も少なく、いつも不思議でならない。
混迷する現今の世界です。
 いまこそ芹沢文学に花咲かせねば
ならない、令和だと思いました。こん
な思いの中で、梅に関して、こんなこ
とを思いました。
−故郷―−
 私は、生まれ故郷に帰ってこの正月
で八年目となりましたが、当時植えた
梅の花は大きく育ちました。梅は暖か
くホカホカとした中で咲く桜と違っ
て、寒さから春の兆しを感ずる頃に、
凜とした美しさで咲き誇ります。
今年・も暖かい日がフフ言正月には
手入れしました。樹々は剪定をすると
面白いもので、新しい枝が聿直に伸び
樹に勢いがでてきます。
 何処からとなくそろそろ香しい匂
いがしてきますが、もう私のところで
は咲き始めています。
 困難
 桜もいいのですが、梅は桜と違って
一輪一輪と咲き始め、散るときは時間を
かけてごの春を終わります。人生に
例えるならば困難や壁にぶつかって
も、へこたれない強さがあるようです。
 毎日日曜日の私には心休む一時で
すが、今一寸気になることもありまし
て・・・・・、
   −‐友一−
 昨年の九月一日に芹文の長年の友
から、今まで幸せな家庭に恵まれてき
ましたが、この度、日本一の不幸な家
庭となってしまいました。と、こんな
便りが届き、まだ彼への返信をためら
っていますが、何かあったのかと、心
痛めています。
 樹々のように明日へ向かう忍耐と
力強い生命力で、早く元気になってほ
しいと願うばかりです。
寅さんではありませんが、「困ったこ
とがあったら、風に向かって俺の名前
をよべよ」と、気を楽にして、早く立
ち直ってほしいものです。
   −―温暖化lj
 次に、このところの地球混暖化か気
にかかります。
 特に、ここ数年あちこちで気候変動
による災害が多く、そしてプラスチッ
クによる海洋汚染での資源の枯渇や
利用でき淡水や森林資源の減少など
環境の破壊が著しくあります。
   ーつながりー
 かつて、宇宙飛行士の毛利 衛さん
が、宇宙から地球の美しさに感動して
 「人がつながってこそ、自分がある」
と語っていた。これは美しい地球を危険がら
守るために人々がつながり、
時代の咲きを見つめた行動をするときが
来たのだと警告されていた。
 そして、聖路加病院の亡き日野原先
生も『生きていくあなたへ』(幻冬舎)
の著書の中で、何か新しいことを始め
るときは、「遠くを見つめるのだ」と
言っている。
 これは過去をしっかりと見つめる
と同時に時代の先を見ることが肝要
だと。環境保全も同感だと。
 我々にできることは限られていま
すが、この正月からは近くの川辺を散
歩するかたわら、土手に捨てられたペ
ットボトルなど拾っています。
いつまで続くやら、こんな年初めでし
た。本年もよろしくお願いします。
芹沢文学読書会(毎月第2日曜)
名古屋市『港図書館』
13:30〜16:30
芹沢光治良著
『遠ざかった明日』
posted by セリブン at 19:56| Comment(0) | 芹沢文学愛読者の会 名古屋