seri1.jpg unmei6.jpg 芹沢文学読書会 大分: 芹沢光治良文学愛好会

2020年12月05日

芹沢文学読書会 No145 8月28日(金)

8月便り 里浜や 海亀の子 放流す  松林庵主人


新型コロナウィルスの流行が止まらず第二波が続いています。その上に、この8月末の猛暑は異常です。お元気にお過ごしでしょうか?熱中症にご注意ください。

 私小串が朝散歩をしている海浜で、6月にウミガメが産卵しました。ガラス片やプラスチックのゴミを拾い、きれいな海浜になったからかウミガメが上陸して卵を産みました。NPO法人の人々と見守ってきましたが、この23日に孵化したのです。満潮の夜中に、海に放流したのです。神の子達は、瀬戸内海から太平洋に出て行くとの事・・・


大分県立図書館も再開され、7月から芹沢文学読書会が再開されました。9月の読書会を平常通りに行います。感染対策を十分にして、継続していきたいと思います。マスクをつけて、ご参加ください。ご無沙汰の方も、気楽にご参加ください。


145回、芹沢文学読書会


@    日時;     913()10時から12(原則的には奇数月の第二日曜日午前)

A    会場;    大分県立図書館研修室No5(会場原則的には研修室No5です)

B    内容; (1)芹沢文学に関する話題や情報 10時から1115分自由に話す

2)新芹沢文学読書会1015分から12時 司会担当小串信正


テキスト随筆@「心の友石川達三君の死」随筆A 「九十歳の充実―書き下ろしを終えて」


@    随筆は作家石川達三子の死を悼み、交流を回想したもの。A随筆は、最晩年の晩秋に訪ねてきた英A夫人から、回想したこと。最後の連作のことが書かれている。

初出/@昭和603月の社誌〈波〉新潮社 A 同年616月の社誌〈波〉新潮社に発表


再録(芹沢光治良文学館12 (平成9810日新潮社発行)に収録425から531ページ


訂正前後の案内通信で快気祝い(新年会(の事は案内しましたが、私小串が勘違いをして書いたもので、訂正してお詫びいたします


次回は118()午前の予定です。原則的には奇数月の第二日曜日です


同封資料新聞記事「中学生時代の様子や憲法観芹沢光治良記念館で企画展」新聞沼津朝日2020(令和2) 82()沼津市芹沢光治良記念館記念館の今年の企画展「光治良と沼中・東高」((第一回)715()から126()が開かれていますが、地元の新聞沼津朝日で紹介された記事です。〈資料提供 和田安弘氏〉

沼津市芹沢光治良記念館から送られてきた同企画展のチラシも同封いたします。


芹沢文学・大分友の会会報ナンバー144富士令和2(2020828日(金)


144回芹沢文学読書会の報告 大分県立図書館研究室No5


やっと読書会が行えるようになり、712()10時から12時に、研究室No5で芹沢文学読書会を行いました。熊野御堂さんからハガキの便りがあり、体調不良で欠席をしましたが、常連が集い、熱心に語りました。新型コロナウィルスの事や沼津市芹沢光治良記念館の企画、(光治良と沼中、東高)を話し、チラシを渡しました。

 (失恋者の手紙)は、もう良いと言うことで、資料として用意した沼中時代の芹沢光治良先生の作文を3つ「夜の帰り道」「記念館 心のひゞき」 「卒業間際」に(読み語りました。これは生誕百年記念『芹沢光治良と沼津 』(芹沢記念企画発行)からのコピーです。渡す機会が伸びた同人誌『無人島 』も参考資料として送りました


【芹沢文学愛好会ナンバー93】第10回芹沢幸次郎文学講演会令和元年112


沼津市芹沢光治良記念館の(10回芹沢光治良文学講演会が令和元年112日土曜日に開催されました。会場は沼津市立図書館4階視聴覚ホール。講演は桜美林大学リベラルアーツ学群教授勝呂 奏先生による「芹沢光治良と川端康成―それぞれの文学について」でした1355分から1 52590分、質疑応答15251555分 30


沼津市芹沢光治良記念館から、その記録として、後援者勝呂先生作成のレジュメと講演の記録活字化をお送りいただきました。読書会です参加された方々には、会場で回覧いただきますが、要点や愛読書に関心のあることなどをダイジェスト的に紹介します。



芹沢光治良と川端康成との比較文学論です。「目の印象」から始めて、生年から川端の方が「3つ年下」で一高では1学年後輩ですが、校友会雑誌に「失恋者の手紙」を発表したときの回想に1年下の川端が訪ねてきて一緒に散歩した事とあるのは、疑わしいと批判しています。「孤児」から川端と芹沢を比較しています。川端が芹沢の初期の作品を「素人」「自由主義作品」と批判したのは「文士」としての苦労を知らない、懸賞小説の当選者を軽蔑する批判です。後輩としての配慮は全くない。芹沢光治良の1年先輩の市川彦太郎の『小さき目』、有島武夫の「宣言」などは理想主義的な作品で、芹沢文学はそれを引き継いでいる。しかし、芹沢光治良と川端康成は、全く逆の文学者です。芹沢は登場人物や読者を視野に入れて創作しますが、川端作品の完全さを目指し読者は視野に無い「文士の魂」で創作しています。勝呂先生は芹沢光治良を登場人物や読者に同伴する作家として評伝芹沢光治良を書いたとのこと。川端の依頼で日本ペンクラブの会長を引き継いだ時も犠牲を払っても立派に果たしました。川端康成は最後に自殺しました。しかし芹沢幸次郎は配慮して事故ではなく自殺ではなく丈夫であると書いている等。

posted by セリブン at 17:37| Comment(1) | 芹沢文学読書会 大分

2020年05月06日

芹沢文学読書会 大分 4月便り

芹沢文学読書会案内通信ナンバー143
2020年4月25日土曜日
4月便り   読書会また まだ中止 ウィルス禍!   小林菴主人

 新緑の爽やかな季節となりましたが、皆さんはお元気にお過ごしのことと思います。
 中国の国上武漢市で起こった(新型コロナウィルス)が、世界的大流行(パンデミック)で感染者が281万人、死者は19万人人にもなっています。日本でも緊急事態宣言が全国に出されています。日本の4月25日現在で、感染者は13,227人、死者は358人です。5月6日までの大型連休(ゴールデンウィーク)をいかに堪えて自粛するかが国民に問われています。ウィルス感染症では、100年前の「スペイン風邪」があります。この時は、約5千万人以上の死者が出て、日本でも約45万人も死んだようです。このスペイン風の事は、大河小説『人間の運命』にも書かれています。親友の大塚兵吾と看病した妹琴子がスペイン風で死去したのです。芹沢先生は、死んだ大塚兵吾を生かして、大塚 誠と虚構して森次郎の生涯の親友としたのです。
 この外出自粛の期間に長編小説や大河小説『人間の運命  』を再読・愛読してください。この4月に私が精読した長編小説『命ある日 』を読まれることもお勧めします。3月だけでなく5月の芹沢文学読書会も、やむなく中止せざるをえなくなりました。残念ですがご了解ください。7月にはお会いできることを念願しています。ご自愛ください。
第143回、芹沢文学愛好会
@日時 5月10日(日曜日) 原則的には奇数月の第二日曜日午前
A会場大分県立図書館 研修室 原則的には研修室No5です。
B内容
    新型コロナウィルスの世界的な大流行で、日本でも緊急事態宣言が出されていま    す。大分でも、まだ収束されません…。それで5月の芹沢文学愛好会は中止にし    ます。各で各自で長編小説や大河小説『人間の運命』等をじっくりお読みくださ    い。
次回は、7月12日(日曜日)午前の予定です。原則的には奇数月の第二日曜日です。
同封資料グラビア新連載「意外な親類」作家芹沢光治良 東方現代劇の前田美波里
雑誌〈週刊朝日〉(昭和42(1967)年4月14日朝日新聞社発行144ページ。東京、中野の芹沢邸で大北出版写真部員が撮影した写真。雑誌〈週刊朝日〉の4月14日号の表紙。
※前田美波里は資生堂のキャンペンガールとして人気を博していました。まだマイク眞木とは結婚していない頃です。前田美波里は芹沢先生の実妹の孫です。芹沢文学案内No91参照〔資料提供 中村輝子〕
会報ナンバー142富士
令和2年(2020年4月25日(土)編集・文責 小串信正
第142回、戦争文学読書会の報告 於 大分県立図書館・研修室No5
 第142回芹沢文学愛好会子3月8日(日曜日の午前10時から大分県立図書館の研修室  no
5で行うつもりで、案内を出していましたが、新型コロナウィルスの大流行で図書館が閉館になったと連絡があり、中止せざるをえなくなりました。読書会に参加すると思われる方々には、再度の便りをお送りしました。5月の芹沢文学愛好会ができるか心配していましたが、中止することになりました。新型コロナウィルスがいつまで続くか見通しが立ちませんが、この「緊急事態宣言」の間にピークとなり、収束に向かってほしいと念願しています。
未納の方、涙は元年度の年会費の納入をお願いします。
 10月からの新年度になりました。年会費の納入をお願いいたします。篤志家の寄付により今年度の年会費も1200円に留めていますので、納入をお願いします。同封の郵便振替の払込取扱票にて納入してください。2年分を振り込まれることも受け入れます。振替用紙の通信欄に「2年分」と記入してください。寄付も受け入れますが、無理をされないように。
【芹沢文学愛好会No91】芹沢光治良と前田美波里日 =実妹の孫・女優=
女優前田美波里(まえだ びばり))は芹沢光治良先生の実妹智恵〔4番目の長女〕の孫です。智恵は前田柳一氏(昭和41年4月30日没、69歳)と結婚しましたが、その娘がアメリカ人と結婚して昭和24年(1948)年8月8日に鎌倉市で生まれたのが前田美波里です。両親の名は不明です。美波里は母親が働いていたので、鎌倉に住んでいた祖父母に育てられ、礼儀作法などを厳しく育てられました。小学校は聖ミカエル学園に通い、4年生の時に友達の影響で、野口力子にクラシックバレエを習いました。高校生の時に上京し、芸能プロダクションに所属して堀内完ユニークバレエ団に通いました。1963年に文化学園在学中に芸術座のミュージカル「ノー・ストリング」のPRを兼ねて東方が募集したミス・ノー・ストリングスに優勝し、東宝現代劇に8期生として入団。1966年18歳の時に資生堂のサマー化粧品「太陽に愛されよう」のキャンペンガールとして採用され、大変な人気となりました。ハワイでのロケで知り合ったマイク眞木〈俳優でフォーク歌手〉と1968年に20歳で結婚しました。しかし、一時仕事を辞めて、アメリカで旅をしながら1年半を過ごしました。1971年から1年間、NHKのスタジオ101でMCを夫のマイク眞木と共に務めました。1972年に蔵人(くらうど)が生まれました。舞台を中心に活動再開しましたが、家庭との両立は難しいと、1976年に家を出て、マイク熊木と離婚しました。29歳で芸能界に復帰するために、劇団四季の「コーラスライン」のオーディションに挑むも落選。しかし、演出家の浅利慶太氏に呼び出されて役に加えられ、後に劇団四季、東宝など様々な舞台、映画、テレビドラマ、CM、広告などにも活躍しています。現在71歳。
 マイク眞木は本名総一郎。1944年に東京赤坂に生まれ、日大芸術学部卒。俳優でフォーク歌手。「バラが咲いた」等が有名です。3番目の後妻和田加奈子さんと前田美波里は仲が良いそうです。息子の蔵人は俳優。美波里は冨士真奈美や岸恵子とも東遠になるとか。 生前の接続自動先生と度々あって、芹沢文学愛好会も読んでいるようです。


前田 美波里.jpg

 太陽に愛されよう ポスター

 マイク眞木氏

マイク眞木.jpg

(クリックしてください)



posted by セリブン at 00:00| Comment(0) | 芹沢文学読書会 大分

2019年03月19日

芹沢文学読書会 No134


芹沢文学


読書会

a@134 20181021()(平成30)


10便   −−甘柿(あまがき)を ()りて (うれ)しき夕陽(ゆうひ)かな…  松林庵主人−−


    秋が深まりつつありますが、朝夕は肌寒くなりました。季節の変わり目ですので、


体調に留意して下さい。読書の秋でもあります。芹沢文学読書会は23年目の歩みを始


めました。細々とですが芹沢文学を愛読して行きたいと思います。


 前回は、随筆を二作品読み語りました。 次回も随筆を読むと案内しましたが、鈴木


吉維さんが評論集『芹沢光治良 救済の文学』(おうふう発行)を刊行しましたので、この単


行本をテキストにして読み語ることになりました。前回に、この本を求めて頂き、お


渡ししました。既に各自でお読みのことと思いますが、読書会でも一緒に語りましょ


う。部分的には読みますが、予め読める方は読んで来て下さい。とりあえず、「第T部


 救済の文学」の「第一章 新たな結核文学の樹立」と「第二章 戦時下の文学――『孤


絶』『離愁』『故国』の新たな解釈について」を読み語りたいと思います。 芹沢光治良先生


の留学と結核闘病は、芹沢文学の原点と言えます。闘病の期間に、学者から作家へと


転身しました。文学こそ、生涯の使命として、その後の歩みを始めたのですが、「結核


闘病」は芹沢文学の大きなテーマとなりました。『ブルジョア』『愛と死の書』『巴里に


死す』、そして自伝的な三部作『孤絶』『離愁』『故国』へと発展しました。


11月は第二日曜日に芹沢文学読書会が出来ます。どうぞ、都合をつけて御参加下さい。御無沙汰の方々も、奮ってお出掛け下さい。福岡や沖縄から参加するのは大変ですが、



    第134回 ・ 芹 沢 文 学 読 書 会   

 @日時; 11 11 ()午前10時〜12*原則的には奇数月の第2日曜日午前〕

 A会場;  大分県立図書館  研修室 *会場/今後は原則的には研修室5です〕

 B内容; 〔T〕芹沢文学に関する話題や情報   10:0010:15 am

   〔U〕芹沢文学読書会  10:1512:00 am  司会担当 小串 信正

  ○テキスト 『芹沢光治良 救済の文学鈴木吉維著おうふう 平成3020185

29発行 「はじめに」、第T部 救済の文学 第一章 新たな結核文学の樹立、第二章

時下の文学―『孤絶』『離愁』『故国』の新たな解釈について。*書き下ろし評論。  864頁。

     =次回は、1月13()午前の予定です。昼食の新年会も行います=



機会があればお出掛け下さい。新しい方も歓迎いたします、お誘い下さい。



◎同封資料 ;新聞記事作家が見た日本の戦争=『芹沢光治良戦中戦後日記』から=沼津朝日2018(平成30)819() 勉誠出版から2015323日に出版された日記の1945年の1月から9月までを新聞特集として掲載されたもの。再構成、縮小 ×0.95〔資料提供/沼津芹沢文学愛好会和田安弘




      芹沢文学・大分友の会              メールする  にこにこ   温泉


            連絡先 :  872-1651 大分県国東市




ふ じ

    芹沢文学・大分友の会             平成30(2018)1021()



   会 報  133                編集・文責 小串(おぐし) (のぶ)(まさ)




平成29(2017)年度 芹沢文学・大分友の会 会計報告(2017.92018.8)  ハート(トランプ)クラブ


 =会計報告をいたします。御了承下さい。会計責任 小串信正・会計監査 中村輝子=


   収入の部 前年度繰越  9,947   支出の部  切手代  9,680


        会費収入  14,200          文具代  3,052


        寄付収入  16,200          コピー代  18,480  


               40,347                     31,212


                     会計決算 40,34731,2129,135(振替1,260+現金7,875)


【反省点】        


@芹沢文学・大分友の会としての芹沢文学読書会を22年間継続しました。地元の会員は9


なっています。芹沢文学研究会と兼ねる会員は8名です。読書会への参加者が約5名にまで


減っています。何か工夫して新入会員を増やしていかねばなりません。御意見をお寄せ下さい。


   A熱心な会員の篤志の寄付で、年会費を1200円に維持しています。読書会には参加出来ないが、


通信会員として継続してくれている人々もいます。 関係者や記念館などへも会報をお送りして


います。今後も、会報を年6回発行し、読書会を奇数月に年6回継続して行きたいと思います。


平成30(2018)度の年会費の納入をお願いします。振替や持参で。  手(チョキ) 飛行機 ✪ ✡


   9月から新年度になりました。年会費の納入をお願いいたします。篤志者の寄付によ


今年度の年会費も1200に止めていますので、納入をお願いいたします。同封の郵


便振替の払込取扱票にて納入して下さい。寄付も受入れますが、無理をされないように。


芹沢文学研究会の会員の方で、芹沢文学・大分友の会にも入会いただいている方々


にも会員の継続をお願いいたします2年分を振込まれることも受入れます。



☆第133 回・芹沢文学読書会の報告大分県立図書館・研修室5   ♩ ♪ ♫ ♬


133回・芹沢文学読書会を99()の午前10時から大分県立図書館の研修


5で行いました読書会として、随筆の2作品@喪服を着た貴婦人」、A「C伯爵


夫人はどうしているかを読み語りました。昭和54年に、Aの方が先に書かれました


が、この頃には長編小説『愛の影は長く』を創作していて、季刊雑誌ひろばにも随


筆を連載していたのです。@には、パリ留学中にフランス語の個人的な指導を受けたマ


ッセ姉妹との交流が書かれています。 戦後にパリで二人を探しましたが再会出来ませ


んでした。昭和34年には聖地ルールド巡礼団に参加してパリに戻り、フィガロ紙の会


見記が縁でマッセ姉妹の姪であるマルセル夫妻と親しく交流しました。AのC伯爵夫人


は仏訳された作品の愛読者で、昭和43年に来日してお会いしたオーストリアの貴族[


タリアの伯爵と結婚]です。「神に選ばれた精神の同胞」と言える夫人でした。


注文していた鈴木吉維さんの評論集『芹沢光治良 救済の文学』(おうふう発行)が届いた


ので、参加者に求めて頂きました。この評論集をテキストとして読み語りたいという


意見もありましたので、さっそく次回のテキストにすることになりました。 既に各自


でお読みでしょうが、最初の二章を読書会でも読み語りたいと思います。


 読書の秋です。都合をつけてお出掛け下さい。御無沙汰の方もお出掛け下さい。



posted by セリブン at 10:13| Comment(0) | 芹沢文学読書会 大分