seri1.jpg unmei6.jpg 芹沢文学読書会 大分: 芹沢光治良文学愛好会

2024年02月29日

芹沢文学読書会 案内通信 No. 166 2024年2月23日 (金) (令和6年)

芹沢文学読書会

案内通信

No. 166

2024223 ()

(令和6)


水仙と


菜の花も咲き


里は春


松林庵主人



2月便り

今年は元日の能登半島地震で始まりました。地震はやはり悲惨です。津波もありましたが、港が4mも隆起したのには驚きました。道路が寸断し、水道も壊滅的のようでした。

南海トラフの大地震が心配されます。原発は早く全廃して、再生可能な自然力発電を日本は確立すべきです。太陽光、水力、風力、地熱、波力などで、地球温暖化も解結しよう!

大リーグで大谷翔平や山本由伸などの日本人の活躍が期待されます。戦争やテロでなく

スポーツでの闘いを楽しみたいものです。パリ・オリンピックもあります・・・・・。


 芹沢光治良先生の没後30年が過ぎようとしています。若い人々にも愛読してもらいた

いものです。今年も芹沢文学読書会を継続して行きます。今回の読書会で、随想集『文学

者の運命』の随想を読み終わります。温かい春です、お元気に読書会にお出掛け下さい。


第166回芹沢文学読書会

@日時 ; 310 (午前10~12[*通常は第2日曜日午前です〕

A会場大分県立図書館研修室 No.5 [*平常は研修室No.5 です〕

B内容I芹沢文学に関する話題や情報 10:00~10:10 am 自由に話す。

U芹沢文学読書会 10:10~11:40 11:45~12:00 am 輪読

テキスト随想@「わが書斎の珈琲はうまかった」随想A「他人の原稿を読んで」

*随想@は、書斎を訪ねて、コーヒーを味わった作家に伊藤整君がいて、『ユリシーズ』を共訳した永松定君、荒木巍君も書斎に来訪したが、その後のことが批評されている。荒木君に紹介された島木健作氏のことも書かれている。三人三様の生き様が回想されています。随想Aは、他人の原稿を読んだことを回想して、阿部光子、I君のことを書いています。 N君も度々書斎に来訪したが、原稿は読まなかった・・・・・。


初出『ノーベル賞文学全集』 (主婦の友社発行の月報を単行本にする時に、加筆されたものです。


初刊本/『文学者の運命』昭和 48 (1973)610主婦の友社発行。244頁、 680円。

再録『芹沢光治良文学館12平成9(1997)810新潮社発行に再録。 130~139頁。

次回は、 519(2日曜日が母の日のため第3日曜日午前の予定です。


◎同封資料「世界を相手にする作品ノーベル賞候補作品推薦について-芹澤光治良昭和 30 (1955)41河出書房発行雑誌<文藝> 56~57頁。 *文芸雑誌<文藝>に編集部から求められて、ペンクラブで谷崎潤一郎をノーベル賞に推薦したことから書き始めて、日本文学の将来について論じた一文です。

当時は『巴里に死す』が仏訳されていて、ノーベル文学賞に一番近かったのです。

[資料提供/中村輝子]


芹沢文学大分友の会

会報

No.165

ふじ

令和6 (2024)223 ()


編集・文責小串信正(おぐしのぶまさ)


芹沢文学読書会の報告於大分県立図書館・研修室.2

165

 114(に、大分県立図書館の研修室 No.5で第165回の芹沢文学読書会が行われました。

芹沢文学館の頃の会報「芹沢・井上文学館友の会会報 156を今回も参考資料として参加者に渡しました。連載芹沢文学入門 81 「長編小説『生ける日の歓び』」 (小串信正)が掲載されている。

 今回のテキストも、『文学者の運命』の二随想で、「小説家の不運」「改造友の会の頃」を読み語りました。「小説家の不運」には、林芙美子が心配して、文壇の作家に紹介しようと、誘ってくれたこと新築した家に川端康成に誘われて一回のみ訪ねたことも書かれていました。「改造友の会の頃」には、第二作目や朝日新聞の夕刊小説を連載させてもらったことなどは、幸運だったと回想した。改造の懸賞小説に当選した人々が「改造友の会」をつくり参加したが、改造社から文芸雑誌<文藝が発行されたが、友の会の人の作品は余り掲載されなかったとか。友の会の荒木君と大谷藤子さんとは親しくした。モダニズムのR君は川端康成氏からひどい仕打ちを受けて小説家を廃業したことなども書かれています。次回も、『文学者の運命』の二随筆を読み語り、完読します。どうぞ、都合をつけて芹沢文学読書会に御参加下さい。


令和5(2023)年度の年会費の納入をお願いします(振替や持参で)

9月からの新年度年会費が未納の方は納入をお願いいたします。篤志者の寄付により今年度の年会費も1200円に止めていますので、納入をお願いいたします。同封の郵便振払込取扱票にて納入して下さい。寄付も受入れますが、無理をされないように。芹沢文学研究会の会員の方で、芹沢文学・大分友の会にも入会いただいている方々にも会員の継続をお願いいたします。 *どうしても退会されます方は、ハガキ等にて御一報下さい。


【芹沢文学案内 No.109新潮社版『芹澤光治良作品集』の月報「思いだすこと」昭和492月から翌505月に、新潮社から『芹澤光治良作品集』が全16巻で出版されました。各巻の月報に「各巻に、その巻に収録した作品に関連

して、感想や思い出等を十枚前後ものし」たものですが、それは随筆集『こころの広場』に収録され、昭和52 (1977) 415日に新潮社から出版されました。この『こころの広場』は、没後の新潮社版『芹沢光治良文学館 12(平成9810日発行)の「エッセイこころの広場」にも再録されました。「こころの広場」の第三章「思い出すこと」(239~298)です。この5月からの芹沢文学読書会でのテキストとして、二章ずつ読み語りたいと思います。「一『海に鳴る碑』と『愛と知と悲しみと』」、「二 青春小説」、「三 パリで死んだ二人の女主人公」、「四 人生をテーマの小説」、「五 宗教をテーマの作品だというけれど」、「六 仏訳された小説」、「七 『われに背くとも』と『遠ざかった明日』との余韻」「八 短篇小説について」、「九随想について」、「十「人間の運命』のモデルについて」、「十一親と子との関係について」、「十二 次郎の厄介になった叔父夫婦」、「十三私の裡に棲む鬼」、「十四ソルボンヌ大学で」、「十五役所時代のこと」、「十六著作集の読者へ」 16 章です。

 この月報には、代表作についての作者自身による解説が書かれていて、非常に貴重な作品案内と言えます。特に十六には、著作集の読者への手紙の返事として、作品集に収録されなかった多くの作品について書かれています。最後に、大河小説『人間の運命」が、最終的には全十六巻であることが明記されています。新潮社からも、16巻の『人間の運命』を出版して欲しいものです。

posted by セリブン at 10:11| Comment(0) | 芹沢文学読書会 大分

2023年12月28日

芹沢文学読書会 案内通信第165号


案内通信

No. 165

20231222 ()

(令5)


師走なり・・・

会報作る

大雪(ゆき)の中

松林庵主人


12月便り

急に寒くなり、大雪が降りました。師走となり、来年1月に行われる芹沢文学読書会の会報を寒さに耐えながら作成しています。 10cmは積もりましたが、午後から晴れて来たので、もう溶けてはいます。地球温暖化で記録的な夏の暑さでしたが、大陸からの寒波で北海道から中国地方、そして九州北東にもにも大雪が降っているのです・・・。雪も大変です。

 大リーグで活躍している二刀流の大谷翔平が、 10年で7億ドル (1015億円もの契約でド

ジャースに移籍したことが大変な話題になっています。ところが今日、日本の大エースの山本由伸がドジャースと契約したとのニュースが伝えられています。平和な話題です・・・。

 来年も芹沢文学読書会を継続して行きます。読書会は、随想集『文学者の運命』の随想を二つずつ読み語っています。次回は正月ですが、お元気に読書会にお出掛け下さい。


第165回・芹沢文学読書会


@日時 1 14  (午前10~12*通常は第2日曜日午前です〕

A会場;大分県立図書館研修室 No. 5 [*平常は研修室No.5 です]

B内容: [I]芹沢文学に関する話題や情報     10:00~10:10 am

山巍W

U芹沢文学読書会 10:10~11:40 11:45~12:00 am 輪読

テキスト随想@「小説家の不運」随想A「改造友の会の頃」

*随想@は、「小説家の不運」として、林芙美子のことから書き出し、荒木巍(たかし)や広津和郎、そして川端康成のことも書かれている。「懸賞で文壇に出たのが不運」だと言われたが、「私には幸運」だったと回想。

随想Aは、「改造友の会の頃」を回想し、荒木荒木巍や大谷藤子に親しみ、 R 君が川端康成からひどい仕打ちを受けて、文学精神を失い創作をあきらめたことなども書かれている・・・。

初出『ノーベル賞文学全集』(主婦の友社発行の月報を単行本にする時に、加筆されたものです。

初刊本『文学者の運命』昭和 48 (1973) 610主婦の友社発行。244頁、 680円。

再録『芹沢光治良文学館12平成9(1997)810新潮社発行に再録。 120~129頁。

=次回は、310 (2日曜日午前の予定です。



◎同封資料鈴木秀子対談集『ごきげんいかが?「あとがき」山田尭子略歴「芹沢光治良」「鈴木秀子」巻頭写真昭和 57 (1982)35日広論社発行。 194~197頁。 *聖心女子大学助教授鈴木秀子先生が、四人の方々と対談したものが活字化されて収録された対談集です。対談そのものは紹介出来ませんが、広論社編集長山田尭子さんが書いた「あとがき」等を同封資料とします。[資料提供/中村輝子]


芹沢文学大分友の会

会報 No.164

令和5(2023)1222 ()

編集文責小串信正

ふじ

164芹沢文学読書会の報告於大分県立図書館研修室No.2


164回の芹沢文学読書会が1112()に、大分県立図書館の研修室 .2 で行われました。小倉の金さんが久し振りに参加し、熱心に芹沢文学の読書会が行われました。芹沢文学館の頃会報「芹沢・井上文学館会報 155を今回も参考資料として参加者に渡しました。連載芹沢文学入門 80「長編小説『愛と知とかなしみと』」 (小串信正)が掲載されている。今回のテキストも、『文学者の運命』の二随想で、「前章ではおわらなかった」「小説家の運」を読み語りました。「前章ではおわらなかった」には、いよいよ大河小説の創作に取組み、フランクフルトでのペンクラブの国際大会に参加して、帰路にパリに滞在。仏訳出版が難しいことを知る。帰国して巴金さんが来訪し、『愛と知とか

なしみと』を先に書くことになった。第一巻「父と子」の出版で、新潮社の佐藤社長に会い励まされます。「小説家の運」には、市河彦太郎の縁で、新進作家の林芙美子との交流が始まったことが回想されています。林芙美子が評価されたことが、小説家の運の例か、少し疑問でしたが...

次回も、『文学者の運命』の二随筆を読み語ります。どうぞ、良い年をお迎えください。


令和5(2023)年度の年会費の納入をお願いします(振替や持参で)

9月からの新年度年会費が未納の方は納入をお願いいたします。篤志者の寄付により

今年度の年会費も1200円に止めていますので、納入をお願いいたします。同封の郵便振替の払込取扱票にて納入して下さい。寄付も受入れますが、無理をされないように。芹沢文学

研究会の会員の方で、芹沢文学大分友の会にも入会いただいている方々にも会員の継続をお

願いいたします。 *どうしても退会されます方は、ハガキ等にて御一報下さい。

【芹沢文学案内 No.108沼津市芹沢光治良記念館の企画展後記(2の図録の紹介

 沼津市芹沢光治良記念館の令和5年度の企画展第2回が、1215~令和6531日に開催されています。今年は「沼津市制100周年記念」で、「沼津ゆかりの文学者たち」の企画展が展示されているのです。その『図録』の冊子を

お送りいただきましたので御紹介します。企画展のチラシは既にお渡ししました。

 沼津市は市制が始まって今年が100年の記念すべき年に当たり、ゆかりの文学者たちをまとめて展示しているのです。「名誉市民である作家の芹沢光治良、井上靖、詩人の大岡信の三氏を中心に、本市にゆかりのある様々の文学者とその作品を紹介いたします。」と序に書かれていますが、歌人明石海人・大岡博、作家太宰治田中英光曽根圭介・宇佐見りんも展示されているようです。別紙の資料「主な沼津ゆかりの文学者たち一覧表(近・現代編)」や「沼津ゆかりの文学 MAP (近現代編)も冊子に挟まれていました。

 芹沢光治良・井上靖・大岡信は三人とも日本ペンクラブの会長を務め、広く知られています。井上靖大岡信は沼津生まれではなく、旧制沼津中学で学んだのです。芹沢光治良は沼津市に生まれ旧制沼津中学で学び、墓も沼津市にあるので、沼津市が生んだ文学者の代表と言えます。歌人の若山牧水は沼津市生まれではないですが、沼津市に住み、死去して、墓もあるので、この企画展の一人として詳しく紹介すべきであったと思います。沼津市は大いに牧水を顕彰すべきです。

 芹沢光治良では、原市長との対談、短編小説「老女の恋文」、色紙、随筆「異郷に浮ぶ冨士」、初期作品短篇集『ブルジョア結核患者』、井上靖宛電報、井上靖宛書簡・葉書、大岡信の『神の微笑』の解説、大岡博の芹沢光治良宛書簡・芹沢光治良の大岡博弔歌などが収録されています。

posted by セリブン at 17:07| Comment(0) | 芹沢文学読書会 大分

2023年11月04日

芹沢文学読書会 No153 2021年12月19日(日)

新型コロナウイルスが日本では激減!

また新しい変異型のオミクロン株が世界的に大流行していま

す。この冬に第6波の流行となることが心配されています。

もうコロナ禍は、ここらで終息して欲しいものです。コロナウイルスもインフルエンザの

ようになり、共存して行くしかないでしょうが、平常な生活が回復することを願います。

コロナ禍ですが、マスクしアルコール消毒もして芹沢文学読書会を続けたいと思います。

芹沢光治良記念文化財団が主催して、 1121日にサロンマグノリアで「岡玲子様

ぶ会」が行われました。午前と午後に分けて行われ、総勢60名が参列したようです。代表

理事の勝呂奏氏の挨拶、朗読、ビデオ放映、思い出の言葉、岡寿里様のお礼等があり、『サ

ロン・マグノリア岡玲子文集ー』が贈られました。また、来年の21日に中野区立

中野東図書館が開館し、その中に「芹沢光治良特別展示室」が開設されるそうです。沼津

市芹沢光治良記念館も継続して企画展も開催されています。今後も芹沢光治良記念文化

財団を中心に、地方の友の会 ( 読書会も芹沢文学を顕彰し愛読して行きましょう。

どうぞ、読書会へ気楽にお出掛け下さい。御無沙汰の方も奮って御参加下さい。

153回・芹沢文学読書会

@日時: 116 (午前10~12[今回は特別に第3日曜日午前です]

A会場大分県立図書館研修室 No.5 [会場/平常は研修室 No.5 です]

B内容[I]芹沢文学に関する話題や情報 10:00~10:10 am 自由に話す。

U芹沢文学読書会 10:10~11:40 11:45~12:00 am 質問会 J 

テキスト随想@「作家と生活」随想A「文学志望」 *随想集『文学者の運命』

の二作品ずつを読み語る。テキストは初刊本か再録『芹沢光治良文学館12』を持参下さい。

初出『ノーベル賞文学全集』(主婦の友社発行の月報。@昭和4512月、A昭和461

初刊本 / 『文学者の運命』昭和48610主婦の友社発行。 21~36頁。

再録『芹沢光治良文学館12 (平成9810新潮社発行に収録。 20~27頁。

=次回は、令和 4 (2022)313(午前の予定です。

庵主人

5

花か

同封資料追悼号への挨拶『五島茂様』芹沢光治良月刊誌<立春〉五島美代子追悼号

53(1978)71日発行。 *歌人の五島美代子氏が亡くなられ、歌誌く立春〉の追悼号に原稿を書いて

いと依頼されて寄稿した一文です。岡本かの子と対比して回想しています。御一読下さい。


芹沢文学・大分友の会

会報 No.152

令和3(2021)1219()


152回・芹沢文学読書会の報告大分県立図書館・研修No.6


1114()に大分県立図書館の研修室 No.6 で、152回の芹沢文学読書会が行われ

ました。変異型のオミクロン株が、全世界で大流行していて、日本でも第6波の流行が

心配されています。ウイルスへの対応を続けながら、芹沢文学読書会を継続しています。

令和3 (2021) 年度の年会費を納入してもらいました。年度の始めが遅くなりました。

今回の芹沢文学読書会の参加者は、金さんも参加して5名でしたが、熱心に行われました。テキストは新しく『文学者の運命』の二随想、「ある質問に」と「文学と天才教育」

を読み語りました。『芹沢光治良文学館12(平成9810新潮社発行 11~19頁を

輪誌。「ある質問に」には幼少期の勉強や読書についての回想が書かれていて、両親が

天理教の信仰で全財産を神に捧げて故郷を去り、祖父母の元に残して行ったのを「父母に

すてられた」と傷つきました。家は貧困となり、教科書以外の本は買えず、小学校に入学

してからは家では全く勉強はしなかったとのこと。「文学と天才教育」では「中学進学の

こと」、「すばらしい親が迎えに来るという空想等が書かれていました。

次回も『文学者の運命』の随想二作を読んで行きたいと思います。御参加下さい。

令和3(2021)年度の年会費が未納の方は納入をお願いします(振替で)

9月から新年度になりました。未納の方の年会費の納入をお願いいたします。篤志者の

寄付により今年度の年会費も1200円に止めていますので、納入をお願いいたします。同封の

郵便振替の払込取扱票にて納入して下さい。寄付も受入れますが、無理をされないように。

芹沢文学研究会の会員の方で、芹沢文学・大分友の会にも入会いただいている方々にも会員

の継続をお願いいたします。 2年分を振込まれることも受入れます。

*どうしても退会されます方は、ハガキ等にて御一報下さい。

【芹沢文学案内 No.98『サロン・マグノリア一岡玲子文集』

芹沢光治良記念文化財団主催の「岡玲子様偲ぶ会」が、 1121日にサロンマグノリで行われました。この時に配布された岡玲子様の遺稿集『サロンマグノリア岡玲子文集』を紹介いたします。目次岡玲子略伝 (岡寿里文集「母をなつかしみつつ」「父の「うしろすがた」」「黒革のカバン」「父の思いで」「父芹沢光治良とフランス」「サロン・マグノリア」「希望を遺して逝った父」「父の肖像」「お文さんも天国へ」「父の生誕百二十年に寄せて」「皆様「ありがとうございました」」「家族が助け合った疎開生活」岡玲子著作目録(稿〈サロン・マグノリア岡玲子文集〉に寄せて(勝呂奏)1121日発行。 A555頁の冊子で表紙のカバー絵は田中美佐江さんのもの。

岡玲子著作目録から、未収録の多くの随筆があり、掲載誌未詳または未発表のエッセイ二作と小説二作があるようです。

『サロン・マグノリ』の表紙

読みたい方は、芹沢光治良記念文化財団に入会して、文集を申込み下さい。

[〒164-0003 東京都中野区東中野 5-8-3 URL http://serizawa-kojiro.com]

posted by セリブン at 15:39| Comment(0) | 芹沢文学読書会 大分