seri1.jpg unmei6.jpg 月例会: 芹沢光治良文学愛好会

2019年04月21日

月例読書会 2019年4月

4月だより

お元気ですか。花冷えが続き、優美な観桜をまだ楽しめるのではないでしょうか。

 51日に元号が「令和」になります。愛好会も新時代に呼応すべき、下記のとおり

 6月からの新年度の活動計画等を決める「総会」をおこないます。

愛好会を継続するには、どのようにすれば良いのか、皆様の忌憚のないご意見をぜひお寄せください。

お待ちしています。


501回芹沢光治良文学愛好会ご案内


日時   421日日曜日午後1時から5参加費500

会場   三鷹市市民協働センター第二会議室(2階)

         東京都三鷹市下連雀4-17-23 電話0422 46 0048


テキスト   短編小説「水仙」芹沢光治良文学館10


次回は519日日曜日1時から5時です。テキストは短編小説「南寺」です。


「総会」のご案内

例会後、同会場にて、愛好会の議決機関あります「総会」を次のとおり開催します。会計報告、活動計画、役員改選、その他について、当日配布します「レジュメ」にそって議題を進めます。


新装版『巴里に死す』勉誠出版の発行

本書は

『巴里に死す』(20122月刊行)勉誠出版を装いを新たにして刊行をするものです。なお本書は予約本となっています。発売日2019430日定価1944円(税込)

posted by セリブン at 08:50| Comment(0) | 月例会

2019年03月09日

3月例会 500回目です️

芹沢光治良文学愛好会

2019年(平成31年)3通信No500

3月だよりお元気ですか-一回の中断もなく、今月で「月例読書会」は500回を

迎えます。昭和527月の発会以来、今夏の7月にて42年の年輪を刻むことになります。節目の記念回数の年月を記しますと、次のようになります。100回(昭和6011月)、200回(平成63月)、300(平成147月)、400回(平成2211月)となります。この間、光治良先生(平成63月)及び文子先生(平成277月)の逝去を乗り超え、愛好会は会員の皆様の愛情によって継続することができました。

500芹沢光治良文学愛好会ご案内

時・・・317(日) 13:00~17:00 参加費: 500場・・・三鷹市市民協働センター2会議室(2F)

・東京都三鷹市下連雀4-17-23 TEL:0422-46-0048 ・アクセス・・・中央線三鷹駅下車南口から徒歩15

テキスト・・・短編小説「草笛」新潮昭和141月號

・・・平成312月の送付資料会・・・・・・工藤純男(くどうすみお)

{ 次回は、421日(日) 13:00~17:00です。テキストは、短編小説「水仙」婦人春秋昭和214月號 /サブテキスト

(芹沢光治良文学館10)・・・平成312月の送付資料です。}

「茶会 -月例読書会500回記念-」のご案内例会後、同会場にて、次のとおり開催します。 317日(日) 17:30~19:30

1,500

鮨、惣菜、サラダ、アルコール、ジュース、お茶等

参加者には、500回を回顧する、小冊子を配付します。受付にて、15時までに会費を添えてお申込み下さい。

posted by セリブン at 20:17| Comment(0) | 月例会

2019年02月17日

2月の月例会

4AD2B67F-BF33-40F0-A7CC-6BC81C8C436F.jpeg
posted by セリブン at 11:27| Comment(0) | 月例会