seri1.jpg unmei6.jpg 月例会: 芹沢光治良文学愛好会

2019年06月17日

6月月例会

芹沢光治良文学愛好会
2019年(令和元年)6月
   通信No.503
6月だより
 お元気ですか一梅雨空が続きますと、気分も左右され湿りがちになりますが、愛好会は6月1口から新年度に入りまし
た。筆者である鈴木春雄はこのたび、役員皆様を始めその他の方々からの推薦もあり、愛好会の代表に復帰することに
なりました。一昨年の大病から奇跡的に快復し健康面の心配がなくなったことや森次郎文庫には、会員の皆様にお届け
できていない関連資料が残されていること。そして芹沢文子著作資料集成の送付が完結していなく中断状態であることな
どを踏まえた上で、「月例読書会」が1回の中断もなく、今春3月に500回を迎え今なお継続されていることなどや代表の
座に30年余り専制君主のように居座っている弊害などを認識しつつも、総合的に考慮した結果、会員の皆様の代表就
任の要請にお応えすべきではないかとの結論に達し、代表に就任させていただくことになりました。毎月の芹沢文学関連
資料の送付は、自身の健康面を鑑み発送作業領域の縮小に伴い資料は少なくなりますが、愛好会が継続できますよう
に努めたいと思いますので、従前同様に会員の皆様のご理解とご協力とご支援をお願い申し上げます。
第503回 ● 芹 沢 光 治 良 文 学 愛 好 会 ● ご案内
口日時‥‥‥6月23日(日)13:00〜17:00 参加費:500円
           口会場‥‥‥三鷹市市民協働センター 第2会議室(2F)
            @東京都三鷹市下連雀4-7-23 TEL:0422-46-0048
            ●当日連絡先:代表鈴木春雄
            ●アクセス‥・中央線三鷹駅下車南口から徒歩15分
  ロテキスト‥‥・短編小説「みれん」地上昭和22年5月號全國農業會家の光協会‥‥‥5月の送付資料
  口司会‥‥‥芹沢耕太郎(せりざわこうたろう)
◆6月の送付資料
 (1)長編小説『麓の景色』スタイル昭和30年1月号スタイル社‥‥‥第1回(全12回)
 (2)短編小説「ぬかるみ」文藝春秋昭和7年3月號文藝春秋社‥‥・令和元年7月21日(日)のテキスト
 (3)写真:一瞬の夕陽が創造した栄光クロス(十字架)沼津市芹沢光治良記念館(螺旋階段)
       撮影年月日:平成30年(2018年)10月7日午後4時頃‥‥‥提供:沼津市芹沢光治良記念館
 (4)芹沢光治良/年齢早見表(5訂版)‥‥‥令和元年5月15日発行
 (5)総会レポート‥‥‥@平成30年度(2018年度)/芹沢光治良文学愛好会ノレジュメ 令和元年6月5日発行
           A芹沢光治良文学愛好会・会則‥‥‥令和元年6月1日施行
 (6)月例読書会/司会者リスト‥‥‥送付先:芹沢光治良文学愛好会・令和元年度役員/司会予定者
 (7)会員証‥・「会員申込書」を受領(6月11日現在)した方には、「会員証」を同封しておりますので、ご確認ください。
 【次回は、7月21日(日)13:00〜17:00です。テキストは、今月の送付資料の
                     短編小説「ぬかるみ」文藝春秋昭和7年3月號文藝春秋社です。】
◆「月例読書会」のテキスト
 令和元年7月〜令和2年1月の「月例読書会」のテキストを次のとおり予定しています。なおテキストは、原則として使用する
例会日の一ヶ月前の会報と一緒に同封する予定です。9月まで例会日は、下記のとおり確定しておりますが、10月、11月、12
月の例会日は、まだ未確定ですので、今後の会報にて例会日を各自で必ず確認し、お間違いのなきようお願い致します。
 ○7月21日(日)・‥短編小説「ぬかるみ」文藝春秋昭和7年3月號文藝春秋社
 ○8月18日(日)‥・短編小説「眠られぬ夜」文藝昭和14年6月號(第7巻・第6読)改造社
 ○9月23日(祝)…短編小説「化粧」所収:長編小説『産れた土地』付録昭和17年9月20日発行日本文林社
 ○10月‥‥‥‥‥短編小説「善意」別冊文藝春秋第16號昭和25年5月23日発行文藝春秋新社
 ○11月‥‥‥‥‥短編小説「霸のおりるまで」小説公園昭和29年1月号(第5巻・第1読)六興出版社
 ○12月‥‥‥‥‥短編小説「ソクラテスの妻」小説新潮昭和25年5月號(第4巻・第5号読)新潮社
 ○令和2年1月‥‥短編小説「蜜柑の便り」所収:長編小説『産れた土地』付録昭和17年9月20日発行日本文林社
◆入会(会員)手続き/会員数‥‥‥令和元年度(令和元年6月1日〜令和2年5月31日)
 入会(会員)手続きは、年度ごとに「申込書」を提出をすることになっておりますが、昨年度の会員で6月11日現在、まだ会
員申込手続きを完了しておられない方のみに、再度「会員申込書(はがき)」を同封しております。入会を希望される方は、
早急にお申込み下さい。因みに年会費は、申込書に記したとおり無料になっております。 /会員数:65人(6月11日現在)

タグ:芹沢光治良
posted by セリブン at 11:35| Comment(0) | 月例会

2019年04月21日

月例読書会 2019年4月

4月だより

お元気ですか。花冷えが続き、優美な観桜をまだ楽しめるのではないでしょうか。

 51日に元号が「令和」になります。愛好会も新時代に呼応すべき、下記のとおり

 6月からの新年度の活動計画等を決める「総会」をおこないます。

愛好会を継続するには、どのようにすれば良いのか、皆様の忌憚のないご意見をぜひお寄せください。

お待ちしています。


501回芹沢光治良文学愛好会ご案内


日時   421日日曜日午後1時から5参加費500

会場   三鷹市市民協働センター第二会議室(2階)

         東京都三鷹市下連雀4-17-23 電話0422 46 0048


テキスト   短編小説「水仙」芹沢光治良文学館10


次回は519日日曜日1時から5時です。テキストは短編小説「南寺」です。


「総会」のご案内

例会後、同会場にて、愛好会の議決機関あります「総会」を次のとおり開催します。会計報告、活動計画、役員改選、その他について、当日配布します「レジュメ」にそって議題を進めます。


新装版『巴里に死す』勉誠出版の発行

本書は

『巴里に死す』(20122月刊行)勉誠出版を装いを新たにして刊行をするものです。なお本書は予約本となっています。発売日2019430日定価1944円(税込)

posted by セリブン at 08:50| Comment(0) | 月例会

2019年03月09日

3月例会 500回目です️

芹沢光治良文学愛好会

2019年(平成31年)3通信No500

3月だよりお元気ですか-一回の中断もなく、今月で「月例読書会」は500回を

迎えます。昭和527月の発会以来、今夏の7月にて42年の年輪を刻むことになります。節目の記念回数の年月を記しますと、次のようになります。100回(昭和6011月)、200回(平成63月)、300(平成147月)、400回(平成2211月)となります。この間、光治良先生(平成63月)及び文子先生(平成277月)の逝去を乗り超え、愛好会は会員の皆様の愛情によって継続することができました。

500芹沢光治良文学愛好会ご案内

時・・・317(日) 13:00~17:00 参加費: 500場・・・三鷹市市民協働センター2会議室(2F)

・東京都三鷹市下連雀4-17-23 TEL:0422-46-0048 ・アクセス・・・中央線三鷹駅下車南口から徒歩15

テキスト・・・短編小説「草笛」新潮昭和141月號

・・・平成312月の送付資料会・・・・・・工藤純男(くどうすみお)

{ 次回は、421日(日) 13:00~17:00です。テキストは、短編小説「水仙」婦人春秋昭和214月號 /サブテキスト

(芹沢光治良文学館10)・・・平成312月の送付資料です。}

「茶会 -月例読書会500回記念-」のご案内例会後、同会場にて、次のとおり開催します。 317日(日) 17:30~19:30

1,500

鮨、惣菜、サラダ、アルコール、ジュース、お茶等

参加者には、500回を回顧する、小冊子を配付します。受付にて、15時までに会費を添えてお申込み下さい。

posted by セリブン at 20:17| Comment(0) | 月例会