seri1.jpg unmei6.jpg マグノリア: 芹沢光治良文学愛好会

2017年10月13日

11月のサロンマグノリア

皆様お元気でいらっしゃいますか?
またたく内にこの秋の季節を迎えております。
よく晴れた日には、金木犀の花が香り、萩の花が
輝き、細やかなピアノの音ももどってまいります。
今年は、
11月6日(月)、9日(木)、11日(土)
午後2時からマグノリアでピアノを聞いて頂く
”ピアノの周りで”  ピアノ 岡玲子
をさせて戴きます。曲目は大江光様作曲の素敵な
曲、3曲と、父の『緑の校庭』に刺激を受けて
ベートーベンの「月光ソナタ」、そして、ドビッシーの
曲を2曲準備させて頂きます。3回とも同じプログラム
でございますので、お時間にゆとりがございましたら、
お出かけ頂きたくご案内申し上げます。ご出席ください
ます方は茶菓子等の支度のためご連絡をお願い申し
上げます。会費は1000円頂戴させて下さい。

* 前回の加藤哲郎先生の講演会にお出まし下さいました
  方々、ご参加ありがとうございました。 岡玲子   
posted by セリブン at 14:04| Comment(0) | マグノリア

2017年03月27日

2017年 4月のマグノリア

春が少しづつ近づき、桜の花も一日一日咲
き始めてまいりました。4月のマグノリアの
会のご案内をさせて戴きます。
の調査
☆ 4月22日(土)  午後2時
  講演会   講師 杉淵洋一
”石川三四郎から芹沢光治良に受け継が
れた反戦・平和の思想・ルクリュ家との交流
の足跡から”
今年も杉淵洋一さんを講師にお招きさせてい
ただきました。父の青春時代の人々を調査研究
下さいます杉淵さんの、芹沢作品への幅広い
新鮮な考え方に応援したい気持をお持ちの方は、
私だけでわございません。今回も、昨年のフラン
スでの調査、そして、本庄市立図書館、石川三四
郎文庫の調査からお話下さいます。『人間の運命』
にも新しいスポットが輝くと存じます。
皆さまのご参加をお待ちしております。
ご出席くださいます方はご連絡お願い致します。
会費2000円を頂戴させて下さい。 岡玲子
追伸
1、前回お出まし下さいました方々ありがとうございました。
2日後、韓末淑様からお電話で「私の話を聞いて下さった方々にありがとう」を云って下さいと
伝言がありました。勢いのないお声でしたが、本橋さんが話して下さった事を大変喜ばれて
いらっしゃいました。
2、約70年ぶりにポプラ社から父の少女小説『緑の校庭』が4月末出版される予定です。
3、ご案内はいつでもご無理なくお出まし下さいます事を心からお願い致します。
posted by セリブン at 15:00| Comment(0) | マグノリア

2017年02月25日

2017年3月のマグノリアです。

沈丁花の香りが嬉しい毎日でございます。
春がいつものように近づいてまいりますが、お障
りなくお過ごしの事と存じます。マグノリアの会の
ご案内でございます。
☆  3月18日(土) 午後2時 講演会
   「韓末淑さんの人と作品」 本橋良子
マグノリアでお馴染みでいらっしゃる本橋良子さま
に講師をお願いさせて戴きました。本橋さんは
『韓国ぐらしは万華鏡』の作者で、韓国文学の訳者
です。英語、フランス語等7各語ぐらいに訳された
韓末淑作『麗しき霊の詩』の日本語訳者のおひとり
です。韓さんは、芹沢光治良作大河小説「人間の
運命」の『父と子』を素晴らしい韓国語にして出版
して下さった方です。私のソウル生活中から40年
を越えた今でも、大好きな友人です。本橋さんは
韓さんの文学作品と共に、もう一つ大きな作品も
お話しくださいます。皆様のご出席をお待ち申し上
げております。ご出席くださいます方はご連絡願
います。2000円の会費を頂戴させて下さい。
ありがとうございます。       岡玲子

p.s. ご案内をご覧くださいまして、ご興味とお時間がござい
ます時にご連絡を頂戴できましたら、心からお待ち申し上げております。
これ以上ご案内にご興味ない方もご遠慮なくお申し付けください。
前回にお出まし下さいました方々へ、私の「ありがとう」を添えさせていただきます。
私にとりましては、幼いころの友が海のように大きく寛容になられたお姿が
とても嬉しかったです。ありがとうございました。岡玲子
posted by セリブン at 08:13| Comment(0) | マグノリア