seri1.jpg unmei6.jpg マグノリア: 芹沢光治良文学愛好会

2018年12月05日

12月のマグノリア

月日においかけられているように、年末を迎え
ておりますが、皆さま、ご機嫌いかがお過ごし
でいらっしゃいますか、お伺い申し上げます。
今年最後のご案内をさせて戴きます。
☆ 12月16日(日)  午後2時
  「中村真一郎の人と文学」 講師 三坂剛
21年前の12月25日に中村真一郎先生は、多
くの読者、崇拝者はら離れて逝かれました。父
が亡くなりました後、ご存知のように、先生は
芹沢文学を力強く支えて下さいました。 一方、
マグノリアの会でも、度々奥様の佐岐えりぬ様
や、松岡みどり様のご協力を頂戴して、先生の
作品を朗読していただきました。今回は、福永
武彦の研究家で、晩年の中村先生を支えられた
三坂剛様をお招きして、先生のお人柄や、王朝
文学とフランス文学の造詣の深さを語っていた
だこうと存じます。皆様のご参加をお待ちして
おります。会費は2000円頂戴させて下さい。
ご出席くださいます方は、茶菓子等の準備のため
ご連絡お願い致します。ありがとうございます。

p.s.  前回2回の「ピアノの周り」におでましくださいました
方々、ご参加下さいまして誠にありがとうございました。

  岡 礼子
posted by セリブン at 14:33| Comment(0) | マグノリア

2018年08月19日

2018年9月マグノリア

今年の夏は太陽、雨、そして風の大きな力に、
ヒタスラ頭を下げております私でした。いつ
ものように月日は過ぎ、ご案内をさせて戴く
時になりました。お障りなくおいででいらっ
しゃいますか、先ず、お伺い申し上げます。
☆ 9月17日(月、祭日) 午後2時
  水上紅様からの御便り  朗読 永井かづ江
姉文子が遺していきました、25年前父が、この
世を去る直前、最後に読みました素晴らしい
手紙、翌日同じ方から頂戴した驚きの手紙、
お名前は水上紅様とありました。昨年、新聞で
お名前を拝見して、今度は私が驚きました。
水上紅様は詩誌「私のすばる」の著者でいらっ
しゃいました。だいぶ前のお怪我から、紅様は
マグノリアにおでまし戴けませんが、この2つの
手紙と素敵な詩を、永井かづ江様の朗読で
味わいたいと存じます。司会は私がさせていた
だきます。お出ましくださいます方は、茶菓子の
準備のためご連絡お願いします。2000円の会費
を頂戴させて下さい。ありがとうございます。岡玲子
posted by セリブン at 12:18| Comment(0) | マグノリア

2018年07月03日

2018年7月8日(日) マグノリア

皆さま
マグノリアの花が咲き始めました。これから、暫く
雨の季節のように感じます。夏休み前、最後の
マグノリアのご案内をさせて戴きます。

☆ 7月8日(日)    午後2時
  「沼津市芹沢光治良記念館・10年の歩み」
  講師    前記念館館長  仁王一成
沼津市がスルガ銀行から寄贈を受けて、名前も
文学館から記念館になり、仁王一成様が初代館長
に就任されました。それから、10年間、記念館を
守って、芹沢文学を発信し続けて下さいました。
そのご活動を、多くの方が感謝しています。マグノ
リアにもお招きして、お話を伺う事になりました。
皆さまのご参加をお待ち申し上げております。
ご出席くださいます方は、茶菓子等の準備が
ございますので、ご連絡いただきたく存じます。
会費は2000円お願いさせて下さい。
ありがとうございました。岡玲子
posted by セリブン at 00:00| Comment(0) | マグノリア