seri1.jpg unmei6.jpg 私の 『薔薇は生きている』を読んで: 芹沢光治良文学愛好会

2012年10月28日

私の 『薔薇は生きている』を読んで

  2012年10月のリレー随筆は、

リレー随筆 No341 私の『薔薇は生きている』を読んで
                                                            関根 絹子さん でした。

 関根さんの随筆は、随筆の名作ですね。随筆といえば、吉田兼好を思い出す管理人ですが、皮肉る事がおもしろい吉田兼好と違って、物事との関係を素直に書いて私たちに何かを気づかせてくれる関根さんは、芹沢光治良ばりの随筆作家と思っています。
 先日開催された第24回我入道の集いで、会場場所の駐車場で忘れ物を取りに来た時、バッタリと関根さんとお会いしました。私には、随筆作家と出会った気になりました。そのとき、読後感を話そうと思いましたが、きっと関根さんは奥ゆかしい方なので遠慮されてしまうかと思い、また準備の忙しさもあって、そのときは出来ませんでした。
 また、昼食時にお話をしようと思いましたが、昼食の時は周りの初めてお会いする方々と盛り上がり出来ませんでした。
帰りは帰りで、同じ部屋の人たちのさようならで盛り上がり、素直に感想を述べることはまたまた出来ませんでした。
  何か、感想を述べることが出来なかったいいわけをしている用ですが、やっぱりいいわけですね。
 本当にすばらしい文でした。関根さんは、芹沢光治良先生が毎日原稿用紙を3枚書き、また岡山の山本先生は毎日の日記をつけて多くの著作を読むことが出来ますが、芹沢先生山本さんと同じように日頃よく文章を書いていらっしゃる裏付けあっての文章だと思いました。優れた短編映画を見ているようでした。
 関根さんの随筆は富士山の情景描写が作家みたいで見事なものでした。井上靖氏の『夏草冬濤』を思い出しました。
 「富士は晴れたり、我が心澄みて あれば」と小学生時代から呟いていた関根さんが、敗戦直後の『薔薇は生きている』との関わりを語ります。そして今年の8月、あらたに『薔薇は生きている』の再びの出会いを語ります。
 感動しました。「富士は晴れたり、我が心澄みて あれば」は、ここにあったのですね。本との出会い、それは数十年後にその本との出会いがわかるときもあるのですね。
 何か、これからさき、今やっていることとの関わりで、ふと気がつく幸せがあるのではないかと予感させるものがあると思いました。
 関根さん、ありがとうございました。
posted by セリブン at 10:43| Comment(0) | リレー随筆
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: