seri1.jpg unmei6.jpg 2021年月例会月例会: 芹沢光治良文学愛好会

2021年11月10日

2021年月例会月例会

10月だより

 お元気ですかーコロナの感染者が減ってきました。ワクチン接種率70%になり、多くの方々がコロナに対する抗体を持ったからと指摘されています。そこで1219日(日)1300三鷹で月例会を開催したいと思います。当日は、手指消毒用アルコールやコロナウイルスを不活性化する清浄機、お茶の時間では、ペットボトルを用意して(一緒に食べることは出来ません)、感染予防に努めます。


519回  ●芹沢光治良文学愛好会● ご案内

1219日(日) 13001700 参加費:500

(再度、緊急事態宣言等が発令されて、会場が使用出来ない場合は中止します)



    会 場・・・「三鷹市市民協働センター」 第2会議室(2F

    東京都三鷹市市下連雀4-7-23 Tel0422460048

    当日連絡先:090-8511-4385 代表 豊田英文

    アクセス・・・中央線三鷹駅下車南口から徒歩15

    テキスト・・・短編小説「空の貝殻」 新女苑昭和236月號


    司会・・・・・豊田 英文 


    配付資料一覧

1 『産まれた土地』 19381月 『田園と都会』米穀日本 A4版 13回のうち第212

芹沢光治良文学館 出版記念オリジナルテープ 〔芹沢光治良講演〕 199711月発行 新潮社 非売品

芹沢光治良 「わが青春」 静岡新聞昭和60年(19851月5日(土)〜223日(土)全23回の内 

 第2回 昭和60年(1985年)19日(水) 静岡新聞 「養子に望まれ、首実検」

4 芹沢光治良ノート (1) 202177日 発行 一般財団法人 芹沢光治良記念財団

5 月例会資料 短編小節 『空の貝殻』 新女苑昭和236月號

6会費案内・・・未納の方にのみ配布です。行き違いがあるかもしれません。その時はお許し下さい。

7会員青木秀夫氏の著書紹介 『「バイオサンビーム」で病気が治った』 風雲舎 

 次回は、2月に予定しています。日程が決定できませんので、12月配布の資料又は、ホームページでご確認下さい。11月中に日程を決定します。  



posted by セリブン at 23:17| Comment(0) | 月例会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: