seri1.jpg unmei6.jpg 芹沢光治良文学愛好会

2020年02月19日

芹沢文学史読者短信 第220号


芹沢文学愛読者短信 2020年2月9日
芹沢文学愛読者の会
第42回芹沢文学愛読者新年会・報告
令和2年1月13日実施 出席者35人
今年も神奈川、静岡、福井、三重、岐阜
愛知の各県からお出かけくださいました。
天候に恵まれました令和初の新年会
は、初参加の杉淵洋一さんを迎え、35
人の出席でした。
 今年も平石攻行さんの名司会による
3分間スピーチマスタードしました。
▼病後の夫のために毎日野菜スープを
作っている鈴大和子さん▼手作り絵本
コンクールで秀作になった中垣キミ子
さん▼孫と伊吹山へ初登山をした各務
洋司さん▼失敗した時「大丈夫よ」と励
ましてくださった、芹沢文子先生のよう
な大人になりたいと話された安原和子さ
んなど、一人一人の話に聞き入りました。
 ビデオフ『天に散った和田稔の軌跡』
の感想を三本勝男さんは「和田稔の妹、若菜さんの『兄はひとり回天の中で死に、
人を殺さなかった。兵器はボタン一つ押すことで血が流れます』
この言葉が強く心に残ったと話された。
 いつも、猪設典子さんの歌の伴奏やピアノ演奏をされ
るお嬢様の猪股恵さんは、この日『成人の日』を迎えら
れ、式場から振り袖姿で新年会会場へ駆けつけてくださ
った。
 一度に華やいだ中で、猪股典子さんが歌われた6曲は、
ほんとうに素晴らしく、しばらく余韻にしたって拍手も
できない程でした。
 猪股さんは、「この新年会の雰囲気がとても好くて、
自分の力以上の声が出ているような気がします。芹沢先
生が居てくださるのでしょうね」と言っておられました。
 朝10時半から、夕方5時まで充実した一日でした。
                ’安井恵美子 記
新年に想う
     山田武夫(岐阜県関市)
   ー令和ー
 令和になって初めての芹文新年会
を迎えました。おめでとうございます。
 新元号に込められた令和の意味は、
皆さんもご存知のように、皴しい寒さ
のあとには春の訪れが告げられて、見
事に咲き誇る梅の花のように、一人一
人の日本人が明日への希望とともに、
それぞれの花を大きく咲かそうと。
そうした日本でありたいと願いを込め令和となったそうです。
 万葉集からとられたこの令和には、
梅野は名が出てきます。
 私は梅の花が大好きです。
   ‐花言葉
 花言葉を「上品、気品、忍耐」など
が言われますが、たおやかで、芯の強
い芹沢文学を思わせる言葉のような
きがしてきます。しかし、なぜか作品
は本屋の棚にならばず、各般での紹介
も少なく、いつも不思議でならない。
混迷する現今の世界です。
 いまこそ芹沢文学に花咲かせねば
ならない、令和だと思いました。こん
な思いの中で、梅に関して、こんなこ
とを思いました。
−故郷―−
 私は、生まれ故郷に帰ってこの正月
で八年目となりましたが、当時植えた
梅の花は大きく育ちました。梅は暖か
くホカホカとした中で咲く桜と違っ
て、寒さから春の兆しを感ずる頃に、
凜とした美しさで咲き誇ります。
今年・も暖かい日がフフ言正月には
手入れしました。樹々は剪定をすると
面白いもので、新しい枝が聿直に伸び
樹に勢いがでてきます。
 何処からとなくそろそろ香しい匂
いがしてきますが、もう私のところで
は咲き始めています。
 困難
 桜もいいのですが、梅は桜と違って
一輪一輪と咲き始め、散るときは時間を
かけてごの春を終わります。人生に
例えるならば困難や壁にぶつかって
も、へこたれない強さがあるようです。
 毎日日曜日の私には心休む一時で
すが、今一寸気になることもありまし
て・・・・・、
   −‐友一−
 昨年の九月一日に芹文の長年の友
から、今まで幸せな家庭に恵まれてき
ましたが、この度、日本一の不幸な家
庭となってしまいました。と、こんな
便りが届き、まだ彼への返信をためら
っていますが、何かあったのかと、心
痛めています。
 樹々のように明日へ向かう忍耐と
力強い生命力で、早く元気になってほ
しいと願うばかりです。
寅さんではありませんが、「困ったこ
とがあったら、風に向かって俺の名前
をよべよ」と、気を楽にして、早く立
ち直ってほしいものです。
   −―温暖化lj
 次に、このところの地球混暖化か気
にかかります。
 特に、ここ数年あちこちで気候変動
による災害が多く、そしてプラスチッ
クによる海洋汚染での資源の枯渇や
利用でき淡水や森林資源の減少など
環境の破壊が著しくあります。
   ーつながりー
 かつて、宇宙飛行士の毛利 衛さん
が、宇宙から地球の美しさに感動して
 「人がつながってこそ、自分がある」
と語っていた。これは美しい地球を危険がら
守るために人々がつながり、
時代の咲きを見つめた行動をするときが
来たのだと警告されていた。
 そして、聖路加病院の亡き日野原先
生も『生きていくあなたへ』(幻冬舎)
の著書の中で、何か新しいことを始め
るときは、「遠くを見つめるのだ」と
言っている。
 これは過去をしっかりと見つめる
と同時に時代の先を見ることが肝要
だと。環境保全も同感だと。
 我々にできることは限られていま
すが、この正月からは近くの川辺を散
歩するかたわら、土手に捨てられたペ
ットボトルなど拾っています。
いつまで続くやら、こんな年初めでし
た。本年もよろしくお願いします。
芹沢文学読書会(毎月第2日曜)
名古屋市『港図書館』
13:30〜16:30
芹沢光治良著
『遠ざかった明日』
posted by セリブン at 19:56| Comment(0) | 芹沢文学愛読者の会 名古屋

2020年02月15日

2020年2月16日(日)月例会

2020年(令和2年)2月
   通信NO。511
2月だより
 お元気ですか一暖冬が続いていましたが、けさ6日は東京では初氷を観測しました。平年より51日遅く、東京の初氷
は大正8年の統計開始以来、最も遅い記録でしたが、その影響でしょうか。我が家の裏庭の白梅が先月末頃から開花を
始め今日現在5部咲程度になっています。ところで中国の武漢で発生した新型コロナウイルス感染症は、南米やアフリカ
を除き現在世界的に猛威を振るっていますが、死者も増えており、これからどのような状況になるのでしょうか心配です。
『人間の運命』の第三巻「愛」(新潮社版)に次郎が一高生(大正7年)であった当時に流行した「スペインかぜ」の状況がリ
アルにそして切なく語られています。心友の大塚誠とその妹であるみほ子が「スペインかぜ」に罹患します。大塚は生還し
ますが、病室でのみほ子の死について、長文になりますが抜き書きします。「讃美歌をうたって、ママの好きだった285番
を。沼野さんもいっしょにうたって下さるわ、あたしも合唱しますから‥‥。夫人は涙をおさえながら、囁くように「主よみても
てひかせたまえ」をうたいはじめた。婚約者もみほ子の手を握ったまま、顔をふせて、悲しい声でそれに和した。次郎は意
識しないで本能的に、爪先立ってしずかにドアの方に後退し、そっと廊下へ出た。悲しい調和に自分が邪魔のような気が
したのだ。廊下の長椅子にかけて両手で顔をおおった。涙がこみあげてならなかった。その夜みほ子は肺炎で亡くなった。
(略)次郎は久しぶりに信仰について考えさせられた。」20代の頃この部分を読み、次郎と同じくその清らかさに自然に涙
がこぼれたことが忘れられない。因みに当時の日本における死者数(大正7〜9年)は、108,428人(出典:東京都健康安全
研究センター・年報2005年)となっています。 厳冬ですが、読書会に出席し心を温かくしませんか。お待ちしています。


 第511回 ◯ 芹沢光治良文学愛好会 ◯ ご案内

         口日 時‥‥‥2月16日(日)13:00〜17:00 参加費:500円
         口会場‥‥‥三鷹市市民協働センター 第2会議室(2F)
           ●東京都三鷹市下連雀4−7ー23 TEL:0422-46-0048
           ●当目連絡先:090-2322 5722代表鈴木春雄
           ●アクセス‥・中央線三鷹駅下車南囗から徒歩15分
ロテキスト‥‥・短編小説「わがむすめ」所収:中編/短編小説集『哀愁記』
                  昭和22年7月10日発行石狩書房‥・↓月の送付資料
口司会……池田三省(いけどさんしょう)
  
◇2月の送付資料
 (1)長編小説『麓の景色』スタイル昭和30年9月号スタイル社‥‥‥第9回/全12回
 (2)短編小説「松下の場合」新生活昭和21年7月競(第2巻・第6競)新生活社‥‥‥3月22日(日)のテキスト
 (3)リーフレット@「伊豆文学フェステバル」開催日:2020年3月8日(日)会揚:プラサヴェルデ(沼津市大手町)
           「第23回伊豆文学賞表彰式」‥・14:00〜14:40
           「伊豆文学熟」舞踊披露(解説佐藤三武朗)/特別講演:作家村松友視‥・14:50〜16:00
         A「伊豆文学バスツアー」開催日:2020年3月8日(日)A・Bの2コースあり‥‥‥案内参照
 (4)新聞記事中村朗(館長)「文学講演を終えて」‥‥‥沼津朝日令和元年11月23日(土曜日)
 (5)新聞記事高田博次「不思議な初夢に言よせて」‥‥‥沼津朝目令和2年2月4日(月曜日)
 (6)芹沢光治良/東京朝日新聞・掲載資料(関連記事を含む)・年代順‥‥‥第5回
  @文藝時評(4)小林秀雄「額縁のない畫」‥‥‥朝刊昭和9年且月27日(火曜日)
  A「豆戦艦(6)二月の雑誌]‥‥‥朔刊昭和10年且月17日(土曜日)
  B「ラヂオ週評楽しい気象通報音楽に一段と工夫を望む」‥‥‥朝刊昭和10年4月1日(月曜日)
 【次回は、令和2年3月22日(目)13:00〜17:00です。 テキストは、今月の送付資料の
           短編小説「松下の場合」新生活昭和21年7月読(第2巻・第6競)新生活社の予定です 】

 ダイヤ大正六年「第一高等学校 寄宿舎寮寮生名簿」について
 標記につて、10年程前に古書店にて入手しましたが、詳しく閲覧することもなく過ごしておりました。手帳を横にした大きさで
150頁ほどあり、その目次を拾ってみますと東寮、西寮、北寮、中寮、朶(しだれ)寮、通学生之部、職員住所(教授、助教授、教
師及び嘱託教員、師範、医員、外国講師、寮務員)とあり、本籍地、現住所、名前、出身中学、教室番号等(職員の本籍地及び
教室番号は除く)が明記されています。この名簿による芹沢光治良の現住所は「東京市神田区錦町3-25渡井方」となっていま
す。この住所について、エッセイ『私の初恋』の中で「紫の君」(婦人世界昭和26年5号ロマンス出版社)というタイトルで、芹
沢光治良が寄稿していますが、そこには次のように述べられています。「私の一高の二年生の時であった。(略)私は寄宿寮を
出て通学した。家庭教師として神田の或る家に住みこんだからだった。(略)寮を出て通学するには、病気になるか家庭教師に
なるより他になかった。私は毎日歩いて通学した。その途上で女高師の附属女学校の或る女学生に出会い恋情を寄せていた。
芹沢光治良はこの名簿では、通学生乃部一部二年五組となっている。いつの日かこの住居を確認したいと思います。
事 務  局
芹 沢 光 治 良 文 学 愛 好 会 代 表 鈴 木 春 雄

E-Mail
賛美歌285番 (クリックしてください)

posted by セリブン at 07:46| Comment(0) | 沼津市芹沢光治良記念館