seri1.jpg unmei6.jpg 芹沢光治良文学愛好会

2019年11月11日

2019年(令和元年)11月   通信NO.508 11月17日(日)です。


11月だより     
 お元気ですかー筆者は今日までやむを得ない仕事及び入院時を除き、私用のために「月例読書会」を欠席したことは
ありませんでしたが、先月は欠席しました。故郷の南魚沼市(新潟県)で、10月19日(土)には中学校の同級会、翌20日
(日)は高校のクラス会が、古稀記念として行われ参加してきました。中学の卒業生は250人程でしたが、亡くなられた方
が既に23人、住所不明が20人で、出席者は83人でした。高校はクラス会のため54人中参加者は19人でしたが、故人と
なられた方が5人、住所不明者が8人いました。最後の団塊の世代の私たちは、高校への進学者は半数程度でした。現
在地元にいる方は3割程度とのことでした。気兼ねのない同期生の渦中におりますと方言を愉しみ、かつ懐かしみ、故に
自由闊達な学生時代に戻ることができ会話が弾みました。「ぶちやる」(捨てる)、「だすけー」(だから)、「めごい」(可愛い)、
「せつらがない」(せわしい)、「ぼちや」(風呂)など魚沼の方言を耳にする度に瞼の奥に言い知れない温かな感情と故郷
の平安な情景が浮かんでまいります。それは方言と特色あるイントネーションの世界に浸ることであり、あたかも青春時代を
取り戻したような機運になりました。一方私は今回の同級会に際し、小学生のころから、わが実家の旧宅から毎日仰ぎ見て
いた上杉景勝及び直江兼続等の山城であります、坂戸山(さかどやま)に50年振りに登りたいとシューズや服装を整え、
後は当日の天気次第と心待ちにしておりましたが、残念ながら雨模様のために断念することになりました。坂戸山(634m
=東京スカイツリーの高さ)は麓との標高差は470m程の山ですが、いまでも郷愁を誘う里山です。 灯火親しむ候となり
ました。今月も例会に出席し読後感を語り合いましよう。 どうぞ皆様の参加をお待ちしております。
第508回 ● 芹 沢 光 治 良 文 学 ● ご案内
  口日時・・・・・11月17日(日)13:00〜17:00 参加費 500円
    口会場・・・・・三鷹市市民協働センター 第2会議室(2F)
   東京都三鷹市下連雀4-7-23 TEL:0422-46-0048
   
   アクセス‥・中央線三鷹駅下車南口から徒歩15分
  ロテキスト‥‥・短編小説「霧のおりるまで」
         小説公園昭和29年1月号(第5巻・第1号)
  口司会・ ・ ・・・・内藤正子(ないとうまさこ)
◆11月の送付資料

(1)長編小説『麓の景色』スタイル昭和30年6月号スタイル社・・・・・・第6回/全12回
(2)短編小説「ソクラテスの妻」小説新潮昭和25年5月號(第4巻・第5號)新潮社‥‥‥12月のテキスト
(3)新聞記事不破久温(ふわ ひさよし)「リベラリストの人格の交流」
            沼津朝日令和元年(2019年)10月10日(木曜日)
(4)芹沢光治良/東京朝日新聞・掲載資料(関連記事を含む)・年代順・・・・・第2回
 @わが文論壇人からナチスに抗議焚書(ふんしよ)は「文化の破壊」・‥朝刊昭和8年5月14日(日曜日)
 A「米佛文壇人にも参加者を勧誘ナチスへの抗議運動具體化来月始めに發會式」
                                  ・・・・・・朝刊昭和8年5月22日(月曜日)
 B「ナチスへの抗議文 鉾を一轉、文部省へ文、論壇のお歴々七十余名自由同盟の結成決議」
                                  ・・・・・・朝刊昭和8年6月3日(土曜日)
次回は、12月22日(日)13:00〜17:00です。
テキストは、今月の送付資料の短編小説「ソクラテスの妻」小説新潮昭和25年5月號(第5巻・第5號)の予定です。
       なお例会後、「忘年会」を予定しています。会場や会費等の詳細は、12月の会報でお知らせします。
◆「芹沢光治良/朝日新聞掲載資料年代順(他者記事も含む)」について
 先月から皆様に届けしています標記の資料ですが、今日まで見えてこなかった作家芹沢光治良の一側面の真意が提
示されたのではないでしょうか。特に昭和8年5月14日の「わが文論壇人からナチスに抗議焚書は『文化の破壊』」の記事
から長谷川如是閑、藤森茂吉、川端康成、谷川徹三、三木清等ともに名を連ねています。一方、長編少女小説『けなげな
娘達』昭和18年2月発行偕成社の「まえがき」には「−この小説の発端を書いて間もなく、米英に対するご詔勅を拝しま
したが、その時の感激は、生涯忘れることができません。その感激も恐らくこの小説に或る光をなげていることと信じます。
−」と述べておりますが、これは言論への弾圧が強まった時期でもあり、発刊が危ぶまれた状況を察しての事であったので
しょう。なお、このナチスへの抗議は、同封の資料のとおり、大佛次郎や久米正雄等も参加することになります。
芹沢光治良文学愛好会

 代表鈴木春雄 E-Mail
posted by セリブン at 08:03| Comment(0) | 月例会

2019年11月08日

【沼津市芹沢光治良記念館】文学講演会関連記事について(送付)

関係各位

 

平素より大変お世話になっております。

さて、去る112日(土)に沼津市立図書館において「第10回芹沢光治良文学講演会」を開催しました。

110名の皆様にご参加いただきました。ありがとうございました。

その報道記事について、去る113日付『静岡新聞』にて掲載がありました。

つきましては、ご参考までに別添のとおりその写しを送付申し上げますのでご参照ください。

 

今後とも変わらぬご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

2019117

沼津市芹沢光治良記念館

055-932-0255

kojiro@city.numazu.lg.jp


28CAE727-99CC-4293-937B-FF1F77B3DE9B.jpeg
posted by セリブン at 19:56| Comment(0) | 沼津市芹沢光治良記念館