seri1.jpg unmei6.jpg 芹沢光治良文学愛好会

2018年05月22日

■芹沢光治良『愛と知と悲しみと』中国語版出版記念シンポジウム のお知らせ

 日時:2018年6月3日(日) 午後2時
 会場:日仏会館ホール(JR恵比寿駅徒歩10分)
 入場無料
 主催  マグノリアの会
 
 申込先」
マグノリアの会 TEL 03−3361−2913
          Email roka52@nifty.com
沼津市芹沢光治良記念館
          TEL 055−932−0255
          Email kojiro@city.numazu.lg.jp
※当日受付も可能です。

 

・作品「愛と知と悲しみ」について
中国の作家巴金氏に捧げられた作品。作者が初めての渡仏時に知り合った経済学者ジャック・ルクリュの家には若い中国人が多く集まった。ジャックはその後中国へと渡り、新中国の建設に尽力する。そのジャックを通して、中国と作者との関係を描いた。しかし、この作品の主人公はジャックよりもその妻であるコルネリッサン夫人に想いを寄せていたようです。

・作家巴金(はきん)氏とは
・中国の封建的大家族の崩壊を描いた「家」(1931)「春」(1938)「秋」(1940)の長編三部作で知られる作家。   
・巴金氏が、『人間の運命』執筆にかかった頃、老舎と共に芹沢宅を訪ねた。それが『愛と知と悲しみと』を書くきっかけとなる。

シンポジウムでは、日本における「愛と知と悲しみと」評価 や、中国での評価、フランスでのルクリュ一家などの興味あるお話しが聞けるかも知れません。
興味ある方は、お申し込み下さい。

「芹沢光治良文学館12 エッセイ 心の広場」文学者の運命の「前章でおわらなかった」(P110) に巴金氏のことが書かれています。

 

A6EA5D8B-5841-4C44-89F1-7C637F8C7ACE.jpeg
posted by セリブン at 18:23| Comment(0) | 講演会

2018年05月15日

第490回 月例読書会 2018年(平成30年)5月   通信No.490

5月だより
 お元気ですか一愛好会の代表退任に際し、本紙面をお借りしてご挨拶を申し上げます。昭和52年7月の発会以降、読書会は
今月にて490回を数えることになります。常に「和楽」な会でありたいと念じ約41年間、微力ながら努めてまいりましたが、今はただ皆
様に感謝を申し上げるのみです。森次郎文庫の個人資料も70%は、会報をお通して提供できたと思いますが、残りの資料について
は、いつの日かテキストとして提供できれぱと思います。そして何事も芹沢文学精神で共有できる、皆様との親交は私の掛け替えのな
い心の財産であり喜びでもあります。これからは一会員として愛好会に寄り添っていきたいと思います。よろしくお願い申し上げます。
                        
第490回 ● 芹沢光治良文学愛好会 ●



    5月20日(日)13:00〜17:00 参加費:500円
   口会 場‥‥‥「東中野区民活動センター」洋室1・2三越マンション1階
       東京都中野区東中野4-25-5-101 
              SJR総武線一東中野駅下車徒歩8分
              ●地下鉄東西線一落合駅下車徒歩3分
              ●地下鉄都営大江戸線一東中野駅下車徒歩10分
   ロテキスト‥‥‥大河小説完全版『人間の運命』第5巻「出発」2013年3月4日初版発行勉誠出版
           
   口司会……鈴木綾子(すず き あや こ)
○5月の送付資料
  (1)読切小説「女の匂い」週刊新堋昭和32年8月12日号新潮社‥‥・6月17日のテキスト
  (2)平成29年度芹沢光治良文学愛好会定時総会・報告 総会日:平成30年4月22日(日)‥‥‥総会レポート
  (3)芹沢光治良文学愛好会新読書会場・案内/案内図‥・三鷹市市民協働センター2階第2会議室(定員50人)
  (4)別荘訪問特別編「文豪・芹沢光治良の思い出が息づく別荘」軽井沢ヴィネット第121号2017年8月1日発行
  (5)はがき 平成30年度・会報送付・申込書(62円切手を貼付してください。)


{次回は、6月17日(日)13:00〜17:00です。テキストは、今月の送付資料の
               読切小説『女の匂い』週刊新潮昭和42年年8月12日号新潮社の予定です。}


※新年度(2018年6月1日〜2019年5月31日)の活動計画

標記について、同封の「平成29年度芹沢光治良文学愛好会定時総会・報告」の6ページの「平成30年度活動計画」で述べて
いるとおり、新年度の愛好会の主体は休会となります。但し、「月例読書会」は、有志により継続し、年会費や会則は適用せず、会報は葉書にてお知らせします。したがって、毎月の芹沢文学資料の送付はありませんが、定時総会・報告で述べているとおり、不定期になりますが、年2回程度、今日まで取り挙げていない作品の初出誌を、テキストとしてお送りする予定です。役員の高齢化に伴う資料作成や発送作業の負担が大きくなり、この状態が続きますと会として存続できない可能性を踏まえ、作業の軽減策等を打ち出す必要から、やむを得ず新年度の1年間は、以上のような形式にて活動を試みることとなりました。ご了解の程お願い申し上げます。


※新年度(2018年6月1日〜2019年5月31日)の役員

次の4名により、新体制となる愛好会を取り仕切ることになります。そして会員一同協力しあって「読書会」を継続して行きましょう。


代 表  豊田英文 
副代表  池田三省 
      鈴木綾子 
      高村文子 


※平成30年度「会報」送付申込書

平成30年度(2018年年6月1日〜2019年5月31日)の会報は、原則「官製はがき」に印刷しお送りします。なお、会費・送料等の
支払いの必要なく、無料にてお送りいたします。但し、同封の「平成30年度・会報送付・申込書」をお送りいただいた方のみにお届けしますので、読書会に参加できないが、愛好会との絆を引き続き希望される方は、お申し込み下さい。また現在会員で引き続き会報の送付を希望される方は、平成30年5月31日までに事務局宛て申込書をお送りください。なお読書会の受付でも取り扱います。
※月例読書会々場を移転

先月の会報でもお知らせしましたが、今月の会報に同封しております「三鷹市市民協働センターノ案内・案内図」のとおり、来月の6月17日の月例読書会より、会場の使用を開始しますので、お間違いのなきようお願い致します。


 mitaka.jpg

mitaka ura.jpg






posted by セリブン at 13:22| Comment(0) | 月例会