seri1.jpg unmei6.jpg 芹沢光治良文学愛好会

2017年02月27日

芹沢文学愛読者短信 第211号 2017年2月21日

第39回芹沢文学愛読者新年会(報告)
平成29(2017)年1月15日実施
出席者 36人
 新年会の前日、名古屋地方もすこし雪が舞い寒い日の新年会になりました。
 そんな中、36人出席してくださいました。今年も東京方面から岡玲子さんをはじめ芹沢文学愛好会代表幹事の鈴木春雄さんご夫妻ら8人の皆様が出席くださいました。
 また、この後の二次会も盛況で19人の出席者で、夕食を共にして、楽しいひとときを過ごしました。
 国東半島で芹沢文学を語る集い平成29(2017)年3月23・24日
 =芹沢文学研究会と芹沢文学・大分友の会の交流会= 参加者を募集します! 担当小串信正
芹沢文学研究会が平成4(1992)年1月に発会し、平成29年1月の会報が第100号となり、25年間継続することになります。また、芹沢文.学~大分友の会が平成8 (1996)-年9月に発会し、大分県立図書舘(研修室)で芹沢文学読書会を20年間継続し、7月で第120回となりました。これらを記念しての受流会「国東半島で芹沢文学を語る集い」を開催することになりました。
 平成29(2017)年3月23日(木)午後に集合 
    宿泊梅園の里   国東市安岐町清
@大分空港、新幹線/徳山から周防灘フェリーで竹田フェリーてや竹田津港、Bソニック/杵築駅に迎えに行きます。
 風呂夕食 「国東半島で芹沢文学を語る集い」午後8時~ 
        天球館で春の空を天体観察
 3月24日(金)朝食出発準信 三浦梅園資料館見学 両子寺見学
 武蔵町の谷を下り国東町の黒津海岸 昼食 来浦浜海浜 小串宅にて資料等見学
    送り(参加者の協力により)@竹田津魚港A大分空港B杵築駅C別府に泊まる人等    車で送ります。
 [申込み] 集いへの参加を希望される方は、11月末日までに、便りや電            話で申込み下さv\
         宿泊は、男女別の大部屋2室が基本。個別の部屋を希望される方は
         申し出ること。
 この、集い、申し込みはすでに終わりました。でも大分県の国東半島で、このような素晴らしい集いがありますことをお伝えしたくて、ここにご紹介しました。
『人間の運命』を読む読書会は、名古屋市港図書館で毎月一章ずつ出席者が順番に声を出して読み、感想や解釈などを述べ合ってきました。
読書会のスタートは平成十三年十一月。それから十五年間続けられ昨年十二月に全巻読み終えました。読書会発足からお世話くださった前田操さんに書いていただきました。
  『人間の運命』の集いを終えて
中学二年の森次郎は、両親が天理教に全財産を捧げ、信仰の道に入ったため物心がついたころから、祖父母のもとで叔父夫婦と共に暮らしました。
 小学生の頃に部落に電灯がつき、夜でも昼間のように明るくなり、ハンカチの縁かがりの内職の手伝いもしました。
 次郎は向学心が強く、その頃当たり前であった漁師の道を選ばず、家族の反対を押し切って中学校に進み、その後二回向を目指し更に帝大に入学しました。
 大学卒業後は、貧しい人を禅益する人間になりたいと農商務省に入り、小作争議法定案を国会に通すため尽力をしましたが、在職中にそれは叶いませ
んでした。
 非力を痛感した次郎は、結婚と同時に夫婦でフランスに留学。ソルボンヌ大学でシミアン教授のもと、価値論と貨幣論を学びます。
 しかし、卒業直前に肺結核を擢患、高原療養所で治療に専念、仰臥療養しながら空中に光る氷の粒を文字に変えることが多くなり、経済学への意欲も失っていました。
 帰国後、作家の道を選び昭和五年スイスを舞台に『ブルジョア』でデビュー、同じ年に故郷を背景に『我入道』を発表、翌年にはパリの日本人を書いた新聞小説を書きました。
 両親が一生を捧げた天理教は、家族を貧のどん底に落としました。我入道の漁師のおかみさんや青年たちは信者でもあり、同じように貧困に端いでいました。
 祖母はそんな家々に、神様への供えを施しました。青年たちも貧困から抜
け出そうと、発動機船を開拓、それによって冬の貧困がなくなると、青年たちはブラジルに移住。長い間にそれも定着して成功しました。
 次郎の父親が聖人のように生きた信仰に、母も祖父母も従ってきました。祖父は体の痛みに耐えながら、そのたびに犠悔を繰り返し出直しました。
 実母は信仰など知らなかった方が幸せだったのではないかと、疑問を残して出直しました。
 次郎の父親は教えに忠実に生きてきて後悔はないが、家族を不幸にしたことを悔いながら、次郎に真柱と親交を持ち、宣(柱が真の道を歩むように見守ってほしいと次郎に遺言を残しました。その後、次郎は教祖様を書く決心もしました。
次郎は真柱が病で苦しんでいる最中に、枕元で「真柱の織悔はなんですか?」
と問い詰めました。
 『人間の運命』を読む集いは、おかげさまで昨年十二月に読了いたしました。
ここに十五年間、皆様のご支援に深く感謝いたします。
今年より一年間は短編を読んでいくことになりました。皆様の参加をお待
ちしております。
  お知らせ
 第6回 光治良忌(沼津芹沢文学愛好会)3月23日が芹沢先生の命日となることから3月12日(日)に沼津市営墓地芹沢光治良墓前にて「第6回光治良忌」が開催されます。
posted by セリブン at 10:30| Comment(0) | 芹沢文学愛読者の会 名古屋

2017年02月25日

2017年3月のマグノリアです。

沈丁花の香りが嬉しい毎日でございます。
春がいつものように近づいてまいりますが、お障
りなくお過ごしの事と存じます。マグノリアの会の
ご案内でございます。
☆  3月18日(土) 午後2時 講演会
   「韓末淑さんの人と作品」 本橋良子
マグノリアでお馴染みでいらっしゃる本橋良子さま
に講師をお願いさせて戴きました。本橋さんは
『韓国ぐらしは万華鏡』の作者で、韓国文学の訳者
です。英語、フランス語等7各語ぐらいに訳された
韓末淑作『麗しき霊の詩』の日本語訳者のおひとり
です。韓さんは、芹沢光治良作大河小説「人間の
運命」の『父と子』を素晴らしい韓国語にして出版
して下さった方です。私のソウル生活中から40年
を越えた今でも、大好きな友人です。本橋さんは
韓さんの文学作品と共に、もう一つ大きな作品も
お話しくださいます。皆様のご出席をお待ち申し上
げております。ご出席くださいます方はご連絡願
います。2000円の会費を頂戴させて下さい。
ありがとうございます。       岡玲子

p.s. ご案内をご覧くださいまして、ご興味とお時間がござい
ます時にご連絡を頂戴できましたら、心からお待ち申し上げております。
これ以上ご案内にご興味ない方もご遠慮なくお申し付けください。
前回にお出まし下さいました方々へ、私の「ありがとう」を添えさせていただきます。
私にとりましては、幼いころの友が海のように大きく寛容になられたお姿が
とても嬉しかったです。ありがとうございました。岡玲子
posted by セリブン at 08:13| Comment(0) | マグノリア

2017年02月08日

2017年 月例会 2月19日

2017年(平成29年)2月 
通信No.475



2月だより 
お元気ですか一私事で恐縮ですが昨年春、保管していたLPレコードの段ボール箱を倉庫で2個見つけ、解説を読んで、いると聴
きたい欲求が高まり、プレヤー付きのステレオを新しく購入しました。以後CDよりもLPレコードに熱中するような状況に陥り、それがいまも続いています。そして20代のころ好んで聴いたアルゲリッチのチャイコフスキーのピアノコンチエルト1番の録音年代が異なるLP2枚が新たに倉庫から見っかり、若々しい気力と情熱で鍵盤に向かうアルゲリッチのダイナミックな表現と轍密なテクニックに酔いしれてしまいました。今月のテキストは『人間の運命』の第4巻「愛」です。次郎と加寿子の愛の行方を語り合いませんか。参加ください。



第475回


.芹沢光治良文学愛好会.
2月19日(臼) 13:00〜17:00参加費:500円 


御案内



口会場・・・・・・「東中野区民活動センター」洋室1・2三越マンション1階
東京都中野区東中野4-25-5-101当日連絡先:090ー2322-5722鈴木春雄
• JR総武線一東中野駅下車徒歩8分 
・地下鉄東西線一落合駅下車徒歩3分
.地下鉄都営大江戸線一東中野駅下車徒歩10分
ロテキスト・・・・・・完全版『人閣の運命』第4巻 f愛J 2013年2月48初版発行勉誠出版
いけださんしよう
口司会....“池田三省
。2月の送付資料
(1)リレー随筆「恩を感じ、思を返す道J・・・・・・難波文彦第395回(平成29年2月) 
付録松本滋聖心女子大学名誉教授エッセイ「ある不思議なことJ一芹沢光治良氏の死をめぐって一
出典東京大学宗教学年報別冊Ⅻ発行1995年3月31日出版者東京大学文学部宗教学研究室
(2)森次郎文庫芹沢文子・著作集成・・・・・・第四回(全31回) 
出典『海と風と芹澤文学の世界』一芹澤光治良生誕百年記念事業一
講演「父と共にj講師芹澤先生三女 編集・発行 沼津市立図書館 平成9年10月30日発行
(3)雇貞順 著 安井恵美子訳 文学エッセイ集 
『過去に帰る旅人』金星情報出版社2011年12月31日発行本文:48-62頁・・・・・・第5回(全7回)
(4)長編小説「秋扇」第3回生活文化昭和22年1月競(第8巻・第1披)旺文社・・・・・・第3回(全4回) 
(5)短編小説「母は死に給はず」新女苑昭和13年4月披貫業之日本社・・・・・・3月のテキスト 
(6)藍川清成の略歴・ポートレート 
出典『名古屋鉄道社史』編集者社史編纂委員会発行所名古屋鉄道株式会社昭和36年5月16日発行非売品
{次回は、3月26日(日) 13:00-17:00です。
テキストは、今月の送付資料の短編小説「母は死に給はず」新女苑昭和13年4月競賓業之日本社の予定です。}
※藍川清成(芹沢光治良先生の岳父)氏の略歴・ポートレート
20年程前に愛蔵しました『名古屋鉄道社史』昭和36年5月16日発行は、B5判804頁布張り函入り非売品となっています 
が「森次郎文庫」の書架では、重厚感をもって鎮座しておりましたが、久し振りにページを捲っておりましたら、芹沢光治良先生の岳父である藍川清成氏の略歴が掲載されておりましたので、別紙のとおり紹介します。なお「藍川清成」で、ネット検索しますと鉄道関係のデーターを見ることができます。本編でも福沢桃介氏(福沢諭吉の娘婿)と藍川清成氏の関係、も記されており、藍川常務の熱心な懇望により、福沢氏の心を動かし、愛知電気鉄道の社長就任を内諾した、となっています。また詳細な藍川清成氏の生涯については、小林橘川著『藍川清成』発行所:キッセン文化研究所内藍川清成伝刊行会昭和28年9月7日発行(非売品)を参照されたい。
※芹沢光治良における豪華本案内
標記について、次の4点を確認することができますが、何れも「総革著者署名函入限定」となっています。
1芹沢光治良選集第5巻昭和40年4月25日発行全国書房100部限定1500円普及版:900円 
2芹沢光治良選集第1巻昭和42年2月25日発行全国書房100部限定1500円普及版:900円 
3 「ブルジョア」昭和54年12月20日発行発行所:成瀬書房限定番号入200部 落款28000円 山羊革 
4 「巴里に死す」昭和62年1月1日発行発行所:成瀬書房限定番号入113部 落款35000円細目ポプリン装帳函入

事務局
芹沢光治良文学愛好会代表鈴木春雄E-Mail:メール


posted by セリブン at 00:00| Comment(0) | 月例会