seri1.jpg unmei6.jpg 芹沢光治良文学愛好会

2024年06月12日

文学講演会のお知らせ

文学講演会
『芹沢光治良文学と宗教2世』
講演者 Adam Lyons
日時 : 2024年7月14日 (日)
開場:13:00 開演:13:30 途中休憩10分 講演終了 15:40 質疑応答 30 分
場所:東中野区民活動センター 洋室 1,2

 会員向けの講演会ですが、席が少しありますので、希望される方が行きましたらメールをしていただけますか。いかに詳細を書いています。


宗教学者 モントリオール大学宗教学科 助教授
主な研究テーマ:宗教と社会、 周辺性、 新宗教、世俗化、社会福祉、天理教、など。
2017年ハーバード大学院 宗教学科博士課程 卒業
2009年 ハーバード神学校 修士
2007年 ジョージア州立大学 宗教学部・哲学部 卒業

JR「東中野」駅東口北側から徒歩8分・都営大江戸線 「東中野」駅から徒歩12分・
東京メトロ東西線「落合」駅3番出口から徒歩5分
参加費: 1,000円
※ 講演会終了後、アダム・ライオンズさんと懇親会を開催します。 参加で
きる方は、6月23日 (日) 必着でご連絡ください。 会費:5,000円を予定。

芹沢光治良文学と宗教2世[5435].JPG


続きを読む
posted by セリブン at 14:28| Comment(0) | 講演会

2024年05月30日

【沼津市芹沢光治良記念館】展示替えに伴う休館及び企画展「『人間の運命』の舞台を旅する」(第1回)の開催について(お知らせ)

皆さまへ

 

 平素より大変お世話になっております。

さて、沼津市芹沢光治良記念館は、次回企画展展示替えのため、以下の期間は休館します。

 

期間 令和6年61日(土)〜14日(金)

 

また、以下のとおり新規の企画展「『人間の運命』の舞台を旅する」(第1回)を開催します。

本展示では、芹沢光治良の代表作『人間の運命』で描かれている沼津をはじめとした各「場所」と各場所ゆかりの人物とを、描かれている時代当時と現在との写真を中心に、芹沢光治良自筆の手紙(新資料(初公開資料))などの資料約100点を通して紹介します。

1回展示では、作品前半にあたる主人公〈森次郎〉の渡欧直後までに関する沼津市、三島市、長泉町、御殿場市、東京、神奈川、秋田、フランス各地を取り上げます。

つきましては、ご家族、ご友人等お誘いあわせのうえ、ご来館並びにご鑑賞賜りますようご案内申し上げます。

 

会期 令和6615日(土)〜121日(日)91630分(入館は16まで)

場所 沼津市芹沢光治良記念館 1階展示室(静岡県沼津市我入道蔓陀ヶ原5171

*併せて別添の本企画展チラシもご参照ください。

 

今後とも変わらぬご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

沼津市芹沢光治良記念館

055-932-0255

kojiro@city.numazu.lg.jp




E4BC81E794BBE5B195E3808EE4BABAE99693E381AEE9818BE591BDE3808FE381AEE8889EE58FB0E38292E69785E38199E3828BE38381E383A9E382B7.jpeg
posted by セリブン at 15:32| Comment(0) | 沼津市芹沢光治良記念館

2024年04月25日

4月28日日曜日読書会を開催します。その後総会があります。

戦前戦後の作品が月例会でよく読まれています。それは今まで短編集にしたや作品集にも載っていない、芹沢文学歴40年の人もいるこの愛好会で初めて読む作品を意識的に探して読み進めています。月例会では、総会もやりますので、ぜひご参加ください。はじめての方もぜひご参加ください。
2C4FD978125A4054813DF4C2A3FA62FA.png
posted by セリブン at 19:30| Comment(2) | 月例会